ここから本文です

俳優の上川隆也が、TBS系ドラマ『ノーサイド・ゲーム』で共演する俳優・大泉洋への恨み節を語った。劇中で敵対関係を演じる2人の間で、さらなるバトルが勃発した様子......!?

サムネイル

ここでも大泉VS上川 勃発!?勝負メシでドッキリ&共演者に大激怒


上川隆也が大泉洋にドッキリを仕掛ける>>

池井戸潤の小説を原作としたドラマ『ノーサイド・ゲーム』は、出世の道を絶たれた中堅サラリーマン・君嶋隼人(大泉洋)が、低迷するラグビーチームとともに再起を図る物語。上川が演じるのは、トキワ自動車の次期社長候補と目される滝川桂一郎役。大泉演じる君嶋と滝川は、お互い天敵と言える関係で、衝突を繰り返している。

『ノーサイド・ゲーム』のスピンオフ企画であるウェブ番組『大泉洋さん私の勝負メシどうでしょう?』第10回に上川がゲスト出演した。TBSの良原安美アナウンサーが「この2人(大泉と上川)が笑顔で並んでいるのが怖い」と物語を知る者ならではのコメントをすると、大泉は、「こんな軽度な番組に上川さんが出ているのが面白くて仕方ない」とニヤリ。やっと口説き落として出演が実現したそうだ。

ゲストがイチオシの"勝負メシ"を紹介する企画では、上川の意外な画力が明らかになった。さらにドッキリも仕掛けられ、まんまとドッキリにハマった大泉は、「今となっては、この人を呼んだことを後悔しています」と不満たらたらだった。

番組終盤、上川は、「今この場にいることが嫌。恨みの感情が大泉洋に向かっている」とスピンオフ企画に駆り出された恨みつらみを改めてぶちまけた。スタジオは笑い声に包まれ、大泉も爆笑。バラエティが苦手という上川だったが、大泉との"バトル"で番組は大盛り上がりだった。

上川隆也が大泉洋にドッキリを仕掛ける>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ