ここから本文です

9月2日~9月8日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。日本テレビ系『あなたの番です-反撃編-』最終回が、第2位のTBS系『ノーサイド・ゲーム』に大きく差をつけて有終の美を飾った。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 日本テレビ系『あなたの番です-反撃編-』最終回(9月8日放送) 19.4%

【無料配信】「あなたの番です-反撃編-」最新話を配信中>>

とあるマンションに引っ越してきた手塚翔太(田中圭)・菜奈(原田知世)夫妻が、マンション住民による"交換殺人ゲーム"に巻き込まれてしまうミステリードラマ。

二階堂(横浜流星)に絞め落とされた翔太が目を覚ますと、両手足が拘束され、腕に点滴の針が刺さった状態にされていた。隣には、同じように拘束された黒島(西野七瀬)がいた。黒島が犯人だと確信していた翔太は、想定外の事態に動揺する――。黒幕が明かされながらも新たな謎を残すようなラストシーンに、最終回後もネット上で視聴者による考察が続いている。

■第2位 TBS系『ノーサイド・ゲーム』第9話(9月8日放送) 12.2%

【無料配信】「ノーサイド・ゲーム」最新話を配信中>>

大ヒット作家・池井戸潤の最新作が原作。出世コースから外れたサラリーマンの君嶋隼人(大泉洋)が、14億円もの赤字を抱えるラグビーチーム"アストロズ"再建に奔走する姿を描く。

トキワ自動車本社では、滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは、柴門(大谷亮平)がレギュラー入りした七尾(眞栄田郷敦)の弱点を発見し......。ラグビー経験者の俳優・濱田岳が「ラガーマンとして少しでも役に立てるなら」と番組に逆オファーして、第9話にゲスト出演している。

■第3位 テレビ朝日系『科捜研の女』第16話(9月5日放送) 11.5%

【無料配信】「科捜研の女 season19」最新話を配信中>>

沢口靖子が京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ役で主演する「科捜研の女」の第19シーズン。放送開始20周年と、テレビ朝日の開局60周年を合わせて記念して、春・夏・秋・冬の4クールにわたって1年間放送される。

解剖鑑定書を届けに来るはずの解剖医・風丘早月(若村麻由美)が、京都市内のホテルのラウンジバーで発生した立てこもり事件に巻き込まれた。バーの防犯カメラ映像を確認したマリコたちは、早月が何やら口や指を動かしていることに気づく。それは、科捜研メンバーへのメッセージだった――。

■『刑事7人』、『ボイス』と続く

【無料配信】「刑事7人」最新話を配信中>>

第4位にはテレビ朝日系『刑事7人』(11.4%)、第5位には日本テレビ系『ボイス 110緊急指令室』(11.2%)と続いた。

後半で一気に注目度を伸ばし、最終話でダントツの数字を獲得した『あなたの番です』。夏ドラマも最終回を迎える作品がほとんどになってきた。次回はどの作品が視聴率トップを獲得するのか?

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ