ここから本文です

GYAO!とAWAと日本工学院がネクストブレイクアーティストをプッシュするコラボレーション企画『G-NEXT』。今回の選出アーティストは、9月2日(月)にデジタルEP 『alone』をリリースしたフィメールラッパー・SHACHI。これまでの歩みから、今作に込めた思い、彼女にとっての「音楽」とは何か、そして「alone」=孤独を超えた先に鳴らした音楽とは一体何なのか、彼女の真意に迫る。


サムネイル

フィメールラッパー・SHACHI 9月2日(月)にデジタルEP 『alone』をリリース


「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」主題歌「One Day」含む3曲を公開>>

――そもそも美容師だったということですが、何をきっかけに音楽の世界、ラッパーへと転身することになったのでしょうか? その頃の音楽に対してどのような気持ちでしたか?

「ずっと美容師になりたくて高い倍率の中でも頑張って叶(かな)えたんですけど、アレルギー体質で皮膚荒れがすごくて、仕方なく諦めたんです。自分の夢が美容師だったから、この先どうしたらいいのか分からなくなって...。でも、そんな時にSAMEさんから「一緒にやらない?」って誘いがあって。最初は"自分がラッパーや歌手を目指すなんて..."って思ってたんですけど、もしかしたらこっち(音楽)が本当に自分が一生やっていけるものなのかもしれないって感じだして。音楽を始めたことで、世界の人たちからいろんなコメントが来て。例えば「Turn Up The Music」。私からしたら"葛藤して挫折したけど諦めないって気持ちを込めた曲"だけど、この曲を聴いた人が「お父さんが亡くなって本当につらかった、だけどこの曲に出会えて立ち直れた」って言ってくれて。そういう人がいっぱい居たんですよ。一対一でも、一対十でも、一対百でも、曲を出すことでいろいろな人を幸せにできるんだって気付いて、すごくやりがいを感じて。幸せの相乗効果じゃないですけど、誰かが幸せになったらうれしいじゃないですか。もっとできるな、音楽って最高だな、って思いました」

サムネイル
フィメールラッパー・SHACHI 9月2日(月)にデジタルEP 『alone』をリリース


――SHACHIさんにとって、音楽への道へ導いてくれたSAMEさんとはどんな存在の人なのでしょうか?

「子供の頃からの知り合いで、学生時代は本当にやんちゃだったんですよ(笑)。言ってしまえば横浜のヤンキーみたいな方で。カラオケに行ったときとかは、ずっとラップしていました。だけど、「ピアノ習い始めた」って急に言ってきたかと思ったら、いつのまにかアメリカに行ってしまって。で、戻ってきて「曲作ったから聴いて」って聴いたらすごく良い、っていうことがあって。で、「一緒にやらない?」ですから(笑)。だから、破天荒な天才みたいな感じです。あとすごい無口です、シャイですね」

――(笑)。そんなSAMEさんがSHACHIさんに声をかけた理由は何だったのでしょうか。

「単純に仲がよかったからです(笑)。あと、多分マインドも似ていて"叶(かな)える"とか何かを"成し遂げる"とかっていう、人生観というかそういうものが似ているみたい、だからなのかなって思います」

サムネイル
フィメールラッパー・SHACHI 9月2日(月)にデジタルEP 『alone』をリリース



――今作のEPについてですが、まずタイトル『alone』に込めた思い、テーマを教えてください。

「直訳すると"孤独"とか"独り"という意味、全体のテーマとしては"自分がどうやって孤独を乗り越えるのか"という自分なりのヒントをこの作品に込めています。SHACHIというひとりのアーティストとしてこれからやっていく上で、まずはSHACHI単体の作品を皆さんにお見せしたくて。"これがSHACHIだ!"っていう(笑)」

――「One Day」はドラマのタイアップになっていますが、楽曲を作るにあたってどのようなことをイメージしましたか?

「実は、曲を作った時点ではタイアップの話はなかったんです。「One Day」は孤独をテーマにした曲にしようと思って、懐かしい感じとか、しっかりとした感じとか、今はやりのトラップミュージックとかじゃなくて、90年代っぽい感じのビートを入れたりラップをすることで、ちゃんとヒップホップをやっています、ってアピールをしたいって思ってましたね」

サムネイル
フィメールラッパー・SHACHI 9月2日(月)にデジタルEP 『alone』をリリース



――では「Tokyo」はいかがですか?

「東京は、すごい猛者たちが集まってるっていうイメージがあって。電車の中であこがれの地に行く時に感じる葛藤だったり不安だったり。でも夢に近づきたい気持ちとか、揺れている気持ちってあるじゃないですか。そういうものに、今の自分のまっすぐな気持ちを歌詞に表していて。私みたいに夢を目指して前に向かっている子もたくさんいるだろうから、そういう人たちへの応援ソングっていうか。"一緒に頑張ろう! 私も頑張る!"って気持ちを込めました」

――今回のEPで特に思い入れがある曲やお気に入りの曲はありますか?

「正直、全部好き!(笑)。曲を出すときに、自分が納得していない曲って絶対出したくなくて。それは言葉もそうだし、メロディーもそうだし、全体の雰囲気もそうだし、音の鳴り方も...本当に細かいんですよ。だからこの『alone』に込めた曲はインタールードとかイントロまで本当に全部こだわったので、逆にみんなに「どれが好き?」って聞きたいくらいです(笑)」

サムネイル
フィメールラッパー・SHACHI 9月2日(月)にデジタルEP 『alone』をリリース



――今後の展望を訊(き)かせていただけますか。

「"誰かのためになる曲を作りたい"って思ってて。この曲があったから人生が明るくなったとか、あることに立ち向かえるようになったとか、今より一歩先に進めたとか。曲で救われる人って絶対いると思うんです。何でもいいので誰かの一歩のきっかけになったり、誰かを救えるような曲をこれからも書いていきたいです」

――ちなみに海外での活動も視野に入れていますか?

「行きたいですね! アホだと思われるかもしれないんですけど、わたしは本気でそう思っていて。でも、これもそうやって"思ったもん勝ち"だと思うんです。思えば叶(かな)うじゃないですけど、できるって思ってない人は何やっても絶対できない。できるって思った人しかそれは絶対達成できないと。だから、どれだけアホって言われても、大きな夢を目指して頑張りたいですね」


サムネイル
フィメールラッパー・SHACHI 9月2日(月)にデジタルEP 『alone』をリリース



――では最後になりますが、SHACHIさんにとって、音楽をする意味とは何ですか?

「歌がうまくなきゃ、リズム感がなきゃとか、それで歌手という夢を諦めてしまう人っていっぱい居ると思うんですけど、私がアーティストとしてっていう目で見たときに、まだまだ下の下の下なんですよ。でも、こういう見た目の私がヒップホップでラップをするっていうことに意味があると思ってます。誰かにできないって言われて、その通りのできない道を選ぶんだったら、それってもう自分の人生じゃなくて、その人に言われた人生を歩いているようなものじゃないですか。それ、私はすごく嫌で。だから不可能なことはないっていう証明じゃないですけど、自分がこの音楽をやり続けていく意味は"大切なのは自分が諦めないってことだ"って言い続けられることなんじゃないかなって、思っています」

サムネイル
左:上原虎起 中央:SHACHI  右:ライター・青木優生菜


「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」主題歌「One Day」含む3曲を公開>>

取材:青木 優生菜
構成:森はち
撮影:澁谷 宗大
(日本工学院専門学校 蒲田校コンサート・イベント科)


■プロフィール:日本のフィメールラッパー。Eminem、50CENT、Nas、Kanye West、JAY-Z、他多くの海外アーティストに影響を受け、Sound ProducerであるSAMEとともに楽曲制作を開始。
2017年SoundCloudで「Beautiful day」を発表。唯一無二のフローで音楽ファンを魅了する日本語ラップ界の新星。SAMEが作り出す、最先端のビートの上で表現するSHACHIの楽曲は日本のみならず、海外でも注目を浴びる。2018年夏に初めてのMusic Video「Turn Up The Music」を公開し、瞬く間に広がり数ヶ月で100万回再生突破。(*2019年9月時点で180万再生突破)
日本だけにととまらず海外からも多くの支持を獲得。2018年冬、全編New YorkでMV撮影した「HERO」を公開し更に注目を浴びる。2019年はSHACHIが更に大きく進化する年となる。


AWAオフィシャルページ

■商品情報
SHACHI
Digital EP『alone』
2019年9月2日

Offical HP

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ