ここから本文です

9月20日にTBS系ドラマ『凪のお暇』が最終回を迎える。ヒロインの大島凪(黒木華)を取り巻く、我聞慎二(高橋一生)と安良城ゴン(中村倫也)の2人。はたして凪はどちらを選ぶのか? 視聴者の間でも「慎二か? ゴンか?」という議論が白熱している。

サムネイル

『凪のお暇』出演の高橋一生(左)中村倫也(右)


慎二とゴン、あなたはどっち派?>>

ドラマ『凪のお暇』(毎週金曜22時より放送)は、『月刊エレガンスイブ』(秋田書店)にて連載中のコナリミサトによる漫画が原作。つい空気を読みすぎてしまう性格の大島凪が、仕事も恋もSNSも全部やめて人生をリセットする物語だ。

9月13日に放送された最終話直前の第9話では、母・夕(片平なぎさ)にリセット生活を問い詰められた凪を助けるため、慎二が婚約者のフリをして助け船を出した。しかし、話はどんどん進み、大島家と我聞家の両家が顔合わせをすることになってしまった。一方、凪を本気で好きになってしまったゴンは、関係を持つ女性たちから合い鍵を全て回収。女性関係を全てリセットして、不器用ながらに凪に思いを伝えた。

元彼である慎二か、それともリセット生活で出会ったゴンを選ぶのか。最終回直前にして展開はまるで読めない。ネット上の視聴者の声も、「この流れは慎二か?」「ゴンの告白を断れる女がいるとは思えない」と予想が真っ二つに別れているようだ。

また、「近くに慎二みたいな人がいたら離れられないかも」「最初は絶対にムリだったけど、今は慎二以外考えられない!」「ゴンといたら例え貧乏でも幸せ確定」「ゴン様の色気にやられっぱなしです」と「自分はどちら派か?」という議論も白熱している。

慎二とゴン、あなたはどっち派?>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ