ここから本文です

俳優のブラッド・ピットが、"宇宙の日"にあたる9月12日、主演映画『アド・アストラ』のプロモーションのために来日し、東京・日本科学未来館にて会見を行った。「どこまで吐かずに耐えられるかのテストもしました」と役作りの過酷さを明かした。

サムネイル

会見を行ったブラッド・ピット


ブラッド・ピット主演映画『アド・アストラ』特設サイト>>
 
ブラッドが主演・製作を務める本作は、地球外生命体を探索中に宇宙で消息を絶った父親を追いかける旅に出る息子ロイの物語。主人公ロイをブラッドが、父親クリフォードをトミー・リー・ジョーンズが演じる。
 
これまでさまざまな役を演じてきたブラッドだが、宇宙飛行士役を演じるのは今回が初。役作りは過酷を極めたらしく、「重い宇宙服を着た状態で、ピーターパンのようにワイヤーに吊(つ)るされる経験は大変でした。体をグルグル回されることもあり、どこまで吐かずに耐えられるかのテストもしました」と撮影を振り返った。宇宙がテーマの作品に初めて携わったことには、「これまで挑戦してこなかったのは、偉大な作品が多数存在したから。どうせやるなら今まで見たことのないような作品にしたかった。このジャンルに貢献したかったんだ」と満を持して挑む題材であることを強調していた。

サムネイル
会見を行ったブラッド・ピット


壮大な宇宙の映像は、リアリティに満ちあふれ迫力満点。本作では製作も務めたブラッドは、「今回、ジェームズ・グレイ監督はあまりCGに頼らず実際に撮りたいと話していて、レンズに映る宇宙をいかに自然に表現するかにこだわりました。アナログ撮影とCGをうまくブレンドできたことによって、より真実味のある映像になりました」と出来に自信をのぞかせた。

雄大な映像とは対照的に、ブラッドが演じるロイの演技は非常に繊細だ。ブラッドは、「大きなセットが特徴的な作品ですが、1人の男の葛藤や、自分を発見する物語でもあります。その微妙な心の動きを表現するのは難しかったですが、完成した作品には満足しています」と語った。一部海外メディアで「俳優業をセーブする」という報道がなされたことを質問されると、「私は今まで通り、自分の心が動くプロジェクトに出会ったなら、参加していきたい。どんなものが私の心に語りかけてくるのかは分かりませんが、演技もプロデュースも行っていきたいです」と思いを述べていた。

サムネイル
会見を行ったブラッド・ピット


アジアでのプロモーションは日本のみとなった本作。ブラッドにとっては約2年4カ月ぶり12度目の来日となるが、「日本の古い建物や庭園、職人の質の高い仕事ぶりが大好きなので京都には行きたい。今は鯉(こい)にハマっていて、鯉(こい)の話なら一日中できます」と日本愛を爆発させていた。

サムネイル
会見に出席した左から、山崎直子、ブラッド・ピット、毛利衛


イベント後半には、日本人宇宙飛行士の毛利衛と山崎直子も会見に出席。毛利が「とても繊細な演技をされていて、本物の宇宙飛行士以上に感じました。改めてすごい俳優の方だと驚かされました」と称賛した。山崎も「子どもを残して宇宙に旅立った立場の人間からすると、この映画はすごく心をえぐられる作品です」と宇宙飛行士ならではの感想を述べ、「とても深い映画でした。宇宙に行くと地球のことが理解できますが、ほかの人と関わると、自分を発見できます」と満足度が高い映画だったことを明かしていた。

ブラッドは、毛利や山崎たちを前に「本物なんですよね」と高揚を隠せない様子。「実際に宇宙から地球を見た感覚はどんな感じだったのですか?」と興味津々に質問する姿がチャーミングだった。

ブラッド・ピット主演映画『アド・アストラ』特設サイト>>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ