ここから本文です

ABCテレビ『ランウェイ 24』のチェインストーリー第9.5話では、CAの山村一郎役を演じる3人組音楽ユニット・Sonar Pocketのko-daiが弾き語りを披露した。同ユニットのeyeronとmattyも登場している。

サムネイル

『ランウェイ24』チェインストーリー 9.5話「頑張れ!桃子」


ドラマ『ランウェイ24』チェインストーリーでソナポケko-daiが弾き語り>>

"9頭身美女"朝比奈彩の決意『ランウェイ24』9話>>

『ランウェイ 24』は、関西国際空港を拠点とするLCC(ローコストキャリア)が舞台。ピンク色の機体がトレードマークの「Peach」の全面協力のもと、"桃パイ"ことパイロットの井上桃子(朝比奈彩)の成長や恋愛模様が描かれる。9月15日に放送された第9話では、パイロット・香月徹也(白石隼也)がケガをする原因を作ってしまった桃子が、ある決意を胸に、乗客としてPeach便を利用して療養中の徹也を訪ねて行く。

サムネイル
『ランウェイ24』第9話


物語と物語をつなぐチェインストーリーの第9.5話では、桃子の職場の仲間である一郎(ko-dai)とあかり(傳谷英里香)の2人の会話が描かれた。思い出話をするうちに、一郎は、「ちょっと歌うわ。なんか今、エモがすごくて......」と突然ギターを取り出して、桃子や徹也への思いを歌にした。後ろには、いつの間にか「Peach」のジャケットを着たSonar Pocketのeyeronとmattyが立っていて、歌い終えた一郎を拍手で褒めたたえた。

放送後、ko-daiは自身のTwitterアカウントで、「一郎は何も聞かされず完全にサプライズでした」とeyeronとmattyの出演を知らなかったことを明かした。ネット上では、「動揺してる一郎さん可愛かったです」「やっぱりサプライズだったんだw」「ko-daiさん、ちゃんと一郎をキープしていましたよw」などとファンが盛り上がりを見せていた。

ドラマ『ランウェイ24』チェインストーリーでソナポケko-daiが弾き語り>>

"9頭身美女"朝比奈彩の決意『ランウェイ24』9話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ