ここから本文です

9月16日放送のテレビ朝日系『テレビ千鳥』で、千鳥・大悟の待望の企画「全部嘘さ!選手権」が行われた。ネット上では、「くだらなすぎて笑える」「内容がないのに見ちゃう」と話題になっている。

サムネイル

『テレビ千鳥』全部嘘さ!選手権


歌い出しの"ぜ"に全てを注ぎ込む「全部嘘さ!選手権」>>

9月16日放送の『テレビ千鳥』で、爆風スランプの楽曲『リゾ・ラバ』の歌い出しの歌詞「全部嘘さ」の"ぜ"の部分に全ての力を込めて歌い上げる「全部嘘さ!選手権」が行われた。挑戦したのは、番組のメインである千鳥の2人、お笑い界随一の低音ボイスを持つ麒麟(きりん)・川島明、シンガーソングライターとしての顔も持つ狩野英孝、東京進出後ブレーク中のダイアン・ユースケ、そして、今1番「全部嘘さ」と心から願っている(!?)カラテカ・矢部太郎の6人だ。

爆風スランプのサンプラザ中野くんにふんして、『リゾ・ラバ』のひとフレーズを歌うだけのこの企画。しかし、始まってみると、挑戦者一人ひとりの個性が見事に表れ、スタジオは大盛り上がりだった。一度目の挑戦で声があまり出なかった矢部が、元相方・入江慎也との宣材写真を目にすると、見違えるほど力強い"ぜ"を発する一幕もあった。

ネット上では、「くだらなすぎて笑える」「内容がないのに見ちゃう!」「過去最高かもw」「神回!」「何回見ても笑える!」と話題になっていた。

歌い出しの"ぜ"に全てを注ぎ込む「全部嘘さ!選手権」>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ