ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系『TWO WEEKS』が9月17日に最終回を迎えた。悪徳実業家・柴崎(高嶋政伸)が結城大地(三浦春馬)に突きつけた"最悪の2択"に反響が上がっている。

サムネイル

『TWO WEEKS』第10話 2週間最後の日...父と娘の約束


三浦春馬は娘を救えるのか?『TWO WEEKS』最終話>>

同ドラマは、殺人犯のぬれぎぬを着せられてしまった結城大地(三浦春馬)が、元恋人・青柳すみれ(比嘉愛未)との間に生まれた白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために逃亡する2週間のタイムリミットサスペンス。

最終話では、柴崎がすみれとはなを誘拐し、別々の場所に監禁した。どちらを助けに行くべきか悩み立ち尽くす結城に、刑事の有馬(三浦貴大)から「おまえは、はなのところへ行け」と連絡が入る。すぐにはなの元に向かう結城だったが、はなの目の前で灰谷(磯村勇斗)に取り押さえられてしまう。

助けるべき娘を目の前に、何もできず苦悶(くもん)の表情を浮かべる結城。「おまえが1番苦しむ殺し方をしてやる」と宣言していた柴崎は、そんな結城に「娘が殺されるのを見てから死ぬか、おまえを先に殺して娘に後を追わせるか、どっちにする?」と最悪の2択を突きつけた。

柴崎の極悪な言動に、ネット上の視聴者は「最低がすぎる!」「こんな悪党はドラマでもなかなかいない」「よくここまで酷いことを思いつくな......」と怒りが爆発。また、「意地を見せろ春馬!」「柴崎をぶっ倒せ!」「灰谷、本当はいいやつだと信じてるぞ-!」と最終回らしい緊迫感のあるシーンに盛り上がっていた。

三浦春馬は娘を救えるのか?『TWO WEEKS』最終話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ