『刑事7人』最終回で高嶋政宏が2年ぶりに復活 「沙村きたー!」

2019/9/19 16:23

テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』シーズン5が、9月18日に最終回を迎えた。シーズン3まで主要メンバーとして活躍していた沙村康介(高嶋政宏)の登場が話題になっている。

サムネイル
「刑事7人」出演の高嶋政宏


『刑事7人』に2シーズンぶりに高嶋政宏が復活>>

『刑事7人』は、天樹悠(東山紀之)、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、堂本俊太郎(北大路欣也)という個性派ぞろいの刑事7人が、凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ。2015年に放送を開始し、今回は第5シーズンに当たる。

最終話では、廃工場で腹部を刺された男の遺体が見つかった。この事件の捜査会議に加わった幹部の姿を見て、天樹らは衝撃を受けた。なんと、かつての仲間・沙村康介だったのだ。管理官を務める沙村は、あろうことか「この事件から専従捜査班を外す!」と宣言。片桐が反論するが、一蹴されてしまう......。

第3シーズンまでは、天樹らを熱く率いてきた沙村。しかし、今回は天樹らの行く手を、権力を振りかざしてことごとく阻んだ。果たして、沙村の真意とは? さらに、専従捜査班のメンバー・水田の過去が明かされる展開もあった。

ネット上では、久しぶりの沙村の登場に、「沙村きたー!」「やばい、やばい!」「沙村がイケメンすぎる......」「展開が激アツッ!」と大盛り上がり。また、「次シーズンからレギュラー復帰?」「もっと沙村さん見たいっす!」と沙村の復活を願う声も多数上がっていた。

『刑事7人』に2シーズンぶりに高嶋政宏が復活>>

(文/沢野奈津夫@HEW