ここから本文です

テレビ東京系ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』が、9月18日に最終回を迎えた。同ドラマでは毎回おなじみの主人公・水野羽衣(大原櫻子)がびしょ濡(ぬ)れになるシーンについて、視聴者からは「これで見納めか......」など寂しがる声が上がっている。

サムネイル

大原櫻子主演『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』


大原櫻子の"ラストびしょ濡れ"に注目『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』最終回>>

『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』は、兄が営む探偵事務所の手伝いをする水野羽衣が、水に濡れると過去にタイムリープできる能力を駆使して、事件の真相を突き止めるナンセンスコメディ探偵ドラマ。

最終話では、失踪していた羽衣の母・和江(ふせえり)が、家を出た本当の理由と現在の生活について告白した。しかも和江が現在一緒に暮らす男とは、第1話で水野探偵社に依頼に来た織田(梶原善)だった。そこで羽衣は、これまでタイムリープをしようとするたびに"都合良く"置かれていたバケツの水が、母が償いで用意していたものだったことを知る。

羽衣にくわえ、タイムリープを阻止しようと和江がバケツの水を何度も受け止めるシーンもあり、いつにも増してびしょ濡れシーンが満載の最終回となった。ネット上では、「これで見納めか......」「びしょ濡れ見るのがクセになってたんだけどなw」「来週から羽衣ちゃん見られないのは寂しい」と"びしょ濡れロス"になった視聴者の声が。他にも、「笑えて泣ける最終回だった!」「こんなに良い最終回は珍しい」「1話から見直そーっと」「続編やるよね?」などさまざまな声が上がっていた。

大原櫻子の"ラストびしょ濡れ"に注目『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』最終回>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ