ここから本文です

『鬼滅の刃』第24話では、いつも笑みを絶やさない"蟲柱"胡蝶しのぶの本音が明かされた。しのぶ役を演じる声優・早見沙織の演技に称賛の声が寄せられている。

サムネイル

『鬼滅の刃』第24話 機能回復訓練


早見沙織の名演が堪能できる『鬼滅の刃』第24話>>

同アニメは、吾峠呼世晴による『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中の人気漫画が原作。家族を殺され、唯一生き残った妹も鬼になってしまった少年・竈門炭治郎が、"鬼狩り"として戦う物語だ。第24話「機能回復訓練」では、傷ついた炭治郎と善逸、伊之助が"蟲柱"胡蝶しのぶの屋敷で治療を受けて、"機能回復訓練"に挑んだ。

"炎柱"煉獄杏寿郎が任務へと向かうアニメオリジナルのシーンから始まり、炭治郎と善逸、伊之助のにぎやかな掛け合いが笑いを誘った第24話。なかでも、いつも穏やかなほほ笑みを浮かべたしのぶが本音を吐露するシーンが印象に残った視聴者は多いのではないだろうか。しのぶが語る過去、そして、炭治郎に託す夢とは――? 内面に抱える激しい怒りの感情を明らかにしても、しのぶの口調はあくまで静かなものだった。

しのぶが初めて人間味をのぞかせて、Twitter上では、「ますます好きになりました」という視聴者の声も多い。また、静かな口調でありながら胡蝶しのぶという人間を見事に表現してみせた早見沙織に対して、「感情の起伏が声で分かる.........」「早見沙織さんの綺麗な声で淡々と悲しい話されて泣きそうになった」「本当に声の演技が凄い...全然重みが変わる...」「疲れましたの言い方最高だったよ」と称賛の声が寄せられた。

早見沙織の名演が堪能できる『鬼滅の刃』第24話>>

サムネイル
テレビアニメ『鬼滅の刃』


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ