ここから本文です

テレビ東京系バラエティ『ゴッドタン』の佐久間宣行プロデューサーが、未成年時の逮捕歴が報道されたEXIT・兼近大樹の『ゴッドタン』出演の舞台裏を明かした。

サムネイル

『ゴッドタン』佐久間プロデューサーがEXITについて語る


菅田将暉『まちがいさがし』の選曲が泣ける、EXIT出演の『ゴッドタン』>>

9月14日放送の『ゴッドタン』では、暗記問題に挑戦する芸人を寸劇で邪魔する人気企画「ストイック暗記王」が行われた。同企画にEXIT・兼近も挑戦したのだが、なんと相方のりんたろー。たちによって、週刊誌のスキャンダルをテーマにした寸劇が兼近の目の前で繰り広げられた。もちろん偶然とはいえ、逮捕歴報道と重なるような内容が話題になっている。

佐久間プロデューサーは、9月18日放送のニッポン放送ラジオ「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」で、「ストイック暗記王」の舞台裏を明かした。「面白いなと思った、撮れ高がよくて」と収録の出来栄えに満足していた矢先に、兼近の逮捕歴報道があったそう。「テレ東からは『やめてくれ』みたいなのは全く言われてないんだけど、それを流すかどうかみたいな話になって」と放送するか迷ったことを告白。しかし、「ほら。お笑いだからさ。お笑いをやっていて、人が変わるとか、更生するっていうのを信じないのはなぁと思って」と放送に踏み切ったことを明かした。

また佐久間プロデューサーは、現実と寸劇でEXITの2人の立場が違うことについて、「(寸劇で)兼近が『そんなことしちゃダメだ!』って言ってるんだけど、もう全然逆なの(笑)」と語って笑いを誘った。さらに、寸劇のBGMを菅田将暉の『まちがいさがし』に決定するまでの経緯も明かしている。

なお、『まちがいさがし』の選曲については、『ゴッドタン』放送時にTwitter上で、「そこでまちがいさがしは涙腺ヤバいよ...」「改めて歌詞見ると今EXITにリンクしすぎててヤバいな」「『まちがいさがし』が流れてるのエモい」と称賛の声が寄せられていた。

菅田将暉『まちがいさがし』の選曲が泣ける、EXIT出演の『ゴッドタン』>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ