ここから本文です

9月20日、TBS系ドラマ『凪のお暇』がいよいよ最終回を迎える。ヒロインをめぐる2人の男、我聞慎二(高橋一生)と安良城ゴン(中村倫也)について、動画配信サービス『GYAO!』の公式Twitterアカウントがアンケートを実施した。

サムネイル

『凪のお暇』出演の高橋一生(左)中村倫也(右)


最終回前に最新話を振り返る!>>

『凪のお暇』は、『月刊エレガンスイブ』(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画が原作。空気を読みすぎてしまう大島凪(黒木華)が、元彼の我聞慎二や、隣人の安良城ゴンという対照的な男性キャラクターに囲まれ、人生のリセットをするストーリー。

最終回の放送が間近に迫った9月17日、『GYAO!』の公式Twitterアカウントが「あなたなら慎二とゴンどっちを選ぶ?」というアンケートを実施したところ、約2,700票が集まった。なんと最終結果は、ゴン派が51%、慎二派が49%とほぼ互角。僅差でゴン派がリードしてはいるが、これまで「今日からゴン派になりました」「慎二がジワジワよくなってきている」のような"寝返り勢"も現れていたことを考えると、最終回の2人の言動次第では逆転があってもおかしくなさそうだ。

サムネイル
『凪のお暇』慎二(高橋一生)とゴン(中村倫也)あなたならどっちが好きの投票結果


リプライ欄には、それぞれの慎二/ゴンを選択した理由も寄せられている。ゴン派は、「優しく彼女を包んで守ってくれそう」「コーヒー片手にゆるりとした時間を一緒に楽しみたい」「自然に笑みがこぼれる毎日を過ごせそう」と2人の時間を楽しめると考えているようだ。また、「一途になったゴンさんは最強」「あんな告白されたらもう......」と第9話で見せた満身の告白を理由にする声も多かった。

一方の慎二派は、「人の切なさを年齢の割に知っている人」「欠点を分かっている上で努力したり埋め合うことができる」「不器用な男の子ほど愛らしい」など彼の不器用さを知った上でキュンときている視聴者が多いようだ。他にも、「定職に就いてる強み」など現実的な意見も見受けられた。最終回で凪(なぎ)は、一体どちらを選ぶのか? また、どのような生き方を見せてくれるのだろうか? 目が離せない。

最終回前に最新話を振り返る!>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ