ここから本文です

カンテレドラマ『名もなき復讐者 ZEGEN』第4話が、9月19日に放送された。モデルで女優の馬場ふみかが演じる中国人マッサージ師・李雪蘭の「一緒に寝る?」というセリフが話題になっている。

サムネイル

『このミステリーがすごい!』大賞のドラマ化『名もなき復讐者 ZEGEN』


ランジェリー姿の馬場ふみかが色っぽい「一緒に寝る?」>>

『名もなき復讐者 ZEGEN』は、『このミステリーがすごい!』大賞(宝島社)ドラマシリーズの第2弾で、登美丘丈の同名小説が原作。中国にいる夫の治療費を稼ぐため、中国人女性・李雪蘭が、女衒(ぜげん)と名乗る男(阿部進之介)に川崎のマッサージ店『乙女の祈り701』を紹介される。

サムネイル
『名もなき復讐者 ZEGEN』第4話


第4話では、余命3カ月と宣告された幸造(杉本哲太)が、偽装結婚の相手である雪蘭に会うため店を訪れる。しかし、幸造の顔を知らなかった雪蘭は、通常の客と同じようにサービスしようとした。ランジェリー姿の雪蘭が、服を脱がせようとしたり、上にまたがってマッサージを始めようとしても、幸造は、「いや......」と拒否した。すっかり困った雪蘭は、「一緒に寝る?」と優しく声をかけ、黙って後ろから抱きついた。

馬場ふみかの体当たり演技に、ネット上では、「破壊力やばすぎるだろ」「杉本哲太さん羨ましいです......」「僕も一緒に寝たいです!」「あれでガマンできる幸造が強すぎ」と盛り上がりを見せていた。

ランジェリー姿の馬場ふみかが色っぽい「一緒に寝る?」>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ