「滝沢カレンが理解できれば、視聴者みんなが理解できる」滝沢カレンの冠情報バラエティがスタート

2019/9/30 17:59

独特な言語センスで人気のモデル・滝沢カレンの冠情報バラエティ『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』が10月16日にテレビ東京系にてスタートする。動画配信サービス『GYAO!』では、過去の特番を無料配信中。

サムネイル
『滝沢カレンのわかるまで教えてください』


滝沢カレンと一緒に学ぶ情報バラエティ『滝沢カレンのわかるまで教えてください』>>

過去2度放送され話題になった同番組は、「滝沢カレンが理解できれば、視聴者みんなが理解できる」という前提のもと、さまざまな分野を滝沢が学ぶ"お勉強バラエティ"だ。別室で待機するお笑いコンビ・おぎやはぎらが見届け人となり、滝沢の独特な発言や、ゲストの専門家とのすれ違いなどにツッコミを入れる。

第1回が放送されたのは、今年1月2日のこと。この回では、作家の岩下尚史、元プロボクサーでタレントの具志堅用高、経済学者・村尾信尚氏、講談師・神田松之丞、気象予報士・天達武史が"教える人"として登場。滝沢は、「ボクサーと熊はどっちが強い?」など、独特な質問を投げかけていた。

また、滝沢の素直な性格が生きた場面もあった。正月の伝統を学んだ滝沢は、岩下に「私は時代を変える人間が素晴らしいと思うんですけど、先生は"新しいお正月"を迎える気はないんですか?」とたずねた。岩下が「変えちゃうと、より所がないから不安」と答えると、滝沢は「それだけで言ってるんですか?」と"追撃"し、岩下に「すみません......」と謝らせる一幕もあった。正月について滝沢は、「昔は昔、大切にしましょう。でも、未来の私たちをもっと大切に。新しいお正月を作りましょう」とまとめていた。

滝沢カレンと一緒に学ぶ情報バラエティ『滝沢カレンのわかるまで教えてください』>>

(文/沢野奈津夫@HEW