『鬼滅の刃』劇場版の制作決定にファン歓喜 新たな鬼・下弦の壱役は平川大輔

2019/10/ 2 11:18

アニメ『鬼滅の刃』の劇場版の制作が決定した。主人公・竈門炭治郎たちが戦う新たな鬼、下弦の壱役を声優の平川大輔が演じることがわかり、さっそく注目を集めている。

サムネイル
『鬼滅の刃』第26話 新たなる任務


劇場版へとつながる、炭治郎たちが無限列車に乗り込むシーンで終わった『鬼滅の刃』第26話>>

同アニメは、吾峠呼世晴による『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中の人気漫画が原作。家族を殺され、唯一生き残った妹も鬼になってしまった少年・竈門炭治郎が、"鬼狩り"として戦う物語だ。最終話にあたる第26話「新たなる任務」では、炭治郎たちが機能回復訓練に勤しむ一方で、鬼の絶対的支配者・鬼舞辻無惨により、十二鬼月の下弦が集められた。

最終話の放送後には、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の制作が決定したことも発表された。炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助が無限列車に乗り込むシーンで終了した最終話からつながる劇場版......。原作屈指の人気エピソードが描かれるだけに、ファンの期待値はかなり高い様子。Twitter上は、「劇場版に興奮して寝れそうにない」「劇場版だなんて、、、、最高すぎる!!!」「見に行くしかない!最低10回だな!」「絶対劇場版大号泣です」といったファンの喜びの声であふれた。

最終話から登場した新たな鬼、下弦の壱役を演じるのは平川大輔で、「演技素晴らしかったです!」「めちゃくちゃ声ピッタリでした!!」とさっそく称賛を集めている。「人の不幸や苦しみを見るのが、夢に見るほど好き」と柔らかなほほ笑みを浮かべて語る下弦の壱。彼はどんな血鬼術の使い手なのか? "炎柱"煉獄杏寿郎の活躍も期待できそうな劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の続報が待たれる。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記

劇場版へとつながる、炭治郎たちが無限列車に乗り込むシーンで終わった『鬼滅の刃』第26話>>

サムネイル
テレビアニメ『鬼滅の刃』


(文/原田美紗@HEW