ここから本文です

テレビ東京系『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』が10月5日よりスタートした。初回ゲストのモデル・滝沢カレンが仕事術を語り、「タモリさんと同じ」と指摘された。

サムネイル

『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』出演の滝沢カレン


タモリと同じ? 滝沢カレンが仕事術を語る>>

『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』にお笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子と滝沢カレンが登場し、オードリーと仕事術について議論を展開した。「もともと人がそこまで好きじゃない」という大久保は、仕事に取り組む際に「みんな味方だ。敵なわけがない」と自分に言い聞かせて気持ちをコントロールしていることを明かした。

「やりにくい共演者」という話題になると、滝沢は「やりにくいもないし、やりやすいもない」とコメントした。若林正恭は、「それは無敵だよね。"やりやすい"も無くなる域があるのかもね」と驚いた表情を浮かべた。さらに滝沢が「(収録後に)よく『反省してるのか?』って言われるけど、『何を反省すればいいんだ?』みたいな。良かったこともないし、ただ楽しい場所(収録)に行ってるだけ」と続けると、若林は「それタモリさんも同じようなことを言いますよね。反省もないし、良くもないっていう。そこ(の域)に行けたらすごい」と大先輩であるタモリを例に挙げて感心していた。

滝沢の言葉に、大久保も「(仕事の出来を)忘れちゃうってこと? 誰が言ったか、『タモリは忘れる天才だ。だから毎日いいともができる』って」と大きくうなずいていた。しかし、滝沢も緊張することはあるという。自身のブレークのきっかけになった明石家さんまには恩を感じているそうで、滝沢は、「さんまさんの番組のアンケートは、一個でも行を長くしている」と語った。

タモリと同じ? 滝沢カレンが仕事術を語る>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ