ここから本文です

2006年に放送されたカンテレ・フジテレビ系『結婚できない男』の続編『まだ結婚できない男』が10月8日にスタートした(毎週火曜21時~)。主演を務める俳優・阿部寛の13年たっても変わらない姿が話題になっている。

サムネイル

『まだ結婚できない男』第1話 相変わらず一人が好きで悪いか!!


全く変わらない阿部寛がすごい『まだ結婚できない男』第1話>>

まどか(吉田羊)が一人お好み焼きへ『まだ結婚できない男』チェインストーリー第1.5話>>

『まだ結婚できない男』は、2006年に放送された人気ドラマ『結婚できない男』の続編で、カンテレ制作のオリジナルドラマ。偏屈で、独善的で、皮肉屋の建築家・桑野信介(阿部寛)は、53歳になっても相変わらず独り身を謳歌(おうか)する日々を送っていた。しかし、ひょんなことから出会った女性たちとの間で、運命の歯車が回り始める......。

13年の時がたっても、桑野信介の気楽なシングルライフに変わりはなかった。周りの嫌みなど意に介さない桑野だったが、自身の仕事を批判する「やっくんのブログ」には怒り心頭。弁護士の吉山まどか(吉田羊)に相談するも、相変わらずデリカシーのない発言を繰り返し、まどかから「敵を作りやすい」と釘(くぎ)を刺されてしまった。

変わらないのは桑野だけではなく、演じる阿部寛も同じだ。見た目の若々しさもさることながら、口調や表情、細かなしぐさも『結婚できない男』当時のままで、13年ぶりでも見事に桑野を演じきっている。ネット上でも、「阿部寛が変わらなすぎる!」「13年前と同じ演技ができるすごさよ!」「阿部寛の演技力を実感」「変わらない桑野に感動してしまった」と称賛の声が寄せられている。

動画配信サービス『GYAO!』では、物語と物語をつなぐチェインストーリーも配信中。第1.5話では、今シリーズから出演するまどかの日常に迫った。お好み焼き屋でイケメン店長にキュンとするまどかだったが、思いもよらぬ展開に困惑してしまう。

全く変わらない阿部寛がすごい『まだ結婚できない男』第1話>>

まどか(吉田羊)が一人お好み焼きへ『まだ結婚できない男』チェインストーリー第1.5話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ