ここから本文です

テレビ朝日系『相棒 season18』が10月9日にスタートした(毎週水曜21時~)。水谷豊が演じる杉下右京が行方不明になってしまう衝撃的な展開で幕を開けた。

サムネイル

『相棒 season18』第1話 アレスの進撃


『相棒』新シリーズは、右京の失踪からスタート>>

「テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」として放送される『相棒 season18』は、ドラマシリーズ史上最大のスケールで壮大なミステリーを紡いでいく。冠城亘(反町隆史)は、杉下右京の"相棒"として過去最長の5シーズン目を迎え、さらに船越英一郎が、陸上自衛隊で特殊作戦群に所属していた元レンジャー隊員・岩田純役で初出演を果たした。

第1話は、ロンドン旅行から帰ったはずの右京が行方不明になるという前代未聞の展開でスタートした。右京が消息を絶って1週間、亘は、何者かによって海に流された右京のスマートフォンが秋田県に流れついたことから、潮流を計算し、北海道付近に浮かぶ"天礼島"に手がかりがあるのではないかと推察した。

放送開始前から『相棒』公式Twitterアカウントは、右京の"失踪"を伝えていた。10月2日には、「【捜索協力のお願い】警視庁特命係・警部 杉下右京氏の行方が分からなくなっており、現在捜査中です。捜索にご協力いただける方はこちらのURLにアクセス願います。捜査員よりお電話いたします。アクセスお待ちしています」とツイートして、新シーズンに期待が高まる視聴者たちを盛り上げていた。はたして右京は一体どこで何をしていたのか? これまでにないスタートを切った『相棒』の今後に注目が集まる。

『相棒』新シリーズは、右京の失踪からスタート>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ