ここから本文です

高畑充希が主演を務める日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』が、10月9日にスタートした(毎週水曜22時~)。森山直太朗が自身のヒット曲をアレンジした『さくら(二〇一九)』が主題歌に起用されている。

サムネイル

『同期のサクラ』第1話


森山直太朗が歌う『さくら(二〇一九)』が話題の『同期のサクラ』第1話>>

『同期のサクラ』は、ドラマ『過保護のカホコ』制作チームが集結し、遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナルドラマ。小さな離島から上京した北野サクラ(高畑充希)の「故郷と本土を結ぶ橋を架ける」という夢に、就職先の大手ゼネコンの同期である月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)たちも巻き込まれていく。どんな状況でも自分を貫いた桜と同期たちの10年間を描いた物語だ。

主題歌に起用された森山直太朗の楽曲『さくら(二〇一九)』は、第1話のクライマックスで初解禁された。2002年にリリースされた大ヒット曲『さくら』の世界観が、『同期のサクラ』と共鳴することからプロデューサーがオファーしたそう。その思いに応えるように、森山が「今」だからこその歌唱と瑞々(みずみず)しいアレンジを加えて、『さくら(二〇一九)』が完成した。

公式サイトで森山は、「独唱、合唱など、折に触れ、たまに形を変えながら歌い続けてきました。そんな年月を経て、生まれ変わった今の『さくら』を聴いていただけることは、 歌い手にとってこの上ない喜びです」とコメントしている。

放送当日にサプライズ発表された『さくら(二〇一九)』は、ネット上でも「まさかの森山直太朗!?」「このタイミングでこの曲はヤバイ」「胸が熱くなった」「アレンジ最高じゃないか!」「『さくら』で1話から涙してしまった」と話題になった。

森山直太朗が歌う『さくら(二〇一九)』が話題の『同期のサクラ』第1話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ