『PRODUCE 101 JAPAN』でイケメン練習生101人が"歩数計ダンスバトル"

2019/10/15 17:59

"日本版プデュ"こと『PRODUCE 101 JAPAN』の練習生101人による、1対1の「歩数計ダンスバトル」の模様が動画配信サービス『GYAO!』で配信された。練習生たちがそれぞれの個性を発揮しており、ファンたちが沸いている。

サムネイル
『PRODUCE 101 JAPAN』歩数計ダンスバトル


イケメン101人が、歩数計を揺らすオリジナルダンス>>

I.O.I、Wanna One、IZ*ONE、X1といった人気グループを輩出した韓国の人気オーディション番組が日本上陸。歩数計を体のどこかに装着したままオリジナルのダンスを踊り、より大きな数字を叩(たた)き出した方が30秒間のPRタイムを獲得できる企画「歩数計ダンスバトル」の模様が公開された。

数字さえ伸ばせば勝利できる同企画だが、さすがプロデビューを目指す練習生たち。数字を稼ぎながらも、スタイリッシュなダンスをアドリブで披露するのだから驚きだ。ブレイクダンス、ヒップホップダンス、シュートダンスなど自分が得意とするジャンルで挑戦するものもいれば、ビヨンセのマネや、ダイナミックにスタジオ中を飛び回るもの、倒立しながら腕でジャンプするものもいて、その表現方法はさまざまだ。

また、腕や足に歩数計を装着するものが多い中、カウントを稼ぎづらい腰や肩にお互いに付け合ってバトルしたり、同じダンスをして競ったりと、さまざまなパターンの戦いで視聴者を楽しませていた。

ネット上では、「私の推しメンがかわいすぎる......」「ふざけながらもガチで踊ってるのがすごくいい」「性格が出て楽しい!」「あれ? この人ルール把握できてなくない?w」「推しメンを絞りきれなくなる企画」と大盛り上がりだった。

『PRODUCE 101 JAPAN』とは?
プロデュース101(ワンオーワン)は、日本のエンターテインメント界で過去最大級の番組制作規模で行われる巨大プロジェクト。応募総数6000人の中から選ばれた101人の練習生たちが、デビューを目指して過酷な競争を繰り広げる。視聴者は、10月18日AM4:59まで、毎日11人の"推しMEN"に投票が可能。"国民プロデューサー"となった視聴者の国民投票によって勝ち残った11人だけが、2020年にボーイズグループとしてデビューすることができる。

イケメン101人が、歩数計を揺らすオリジナルダンス>>

(文/沢野奈津夫@HEW