ここから本文です

テレビ朝日系『相棒 season18』第2話が、10月16日に放送された。杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の「ただいま戻りました」というセリフが、視聴者の心をつかんだようだ。

サムネイル

『相棒 season18』第2話 アレスの進撃~最終決戦


水谷豊と反町隆史の「ただいま戻りました」が熱い『相棒』第2話>>

『相棒 season18』は、ドラマシリーズ史上最大のスケールで壮大なミステリーを紡いでいく。冠城亘(反町隆史)は、杉下右京の"相棒"として過去最長の5シーズン目を迎え、2クールにわたって放送される。

第1話の後編にあたる第2話「アレスの進撃~最終決戦」で右京と亘は、連続殺人の容疑が掛かった岩田(船越英一郎)をおとりにして、事件に関する情報を集めるため"信頼と友好の館"内部を捜索した。

第1話は、右京が行方不明になるという驚きの展開でスタートした。ついに事件を解決した右京と亘の2人は、久しぶりに最果ての島"天礼島"から東京に戻った。伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)から「俺たちに『ただいま』ぐらい言ったらどうですか?」と言われて、右京と亘は、「ただいま戻りました」と一礼した。

まるで視聴者にもあいさつしたかのような「ただいま戻りました」に対して、ネット上では、「なんだかホッとしたw」「ちょっと涙出そうになっちゃった」「これから『相棒』が始まるんだね!」「新シリーズ開始って感じでいい!」「めっちゃワクワクした!」と話題になっていた。

水谷豊と反町隆史の「ただいま戻りました」が熱い『相棒』第2話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ