ここから本文です

TOKIO・松岡昌宏が主演を務めるテレビ東京系ドラマ『死役所』が、10月16日にスタートした(毎週水曜24時12分~)。初回ゲストで登場した織山尚大(少年忍者/ジャニーズJr.)の演技が話題になっている。

サムネイル

松岡昌宏主演『死役所』


ジャニーズJr. 織山尚大の血まみれ演技が好評『死役所』第1話>>

『死役所』は、『月刊コミック@バンチ』(新潮社)で連載中のあずみきしの同名漫画が原作。自殺、他殺、病死、事故死、寿命など、ありとあらゆる理由で死んだものたちが最初に訪れる、あの世の市役所ならぬ"シ役所"が舞台の物語だ。総合案内を務めるシ村(松岡昌宏)を中心に、死者との対話が描かれる。

三樹ミチル(黒島結菜)は目を覚ますと、顔が半分の女、包帯だらけの男など、さまざまな死者が集う"シ役所"にいた。自分が殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復讐できるのか」と訴える......。

織山尚大は、足があらぬ方に曲がり、顔は血まみれという衝撃的な姿で登場した。生前いじめを受けるシーンや、いじめ加害者との再会、義父の意外な真実を知るシーンなど、難しい役どころを見事に演じ切った。

死という難しいテーマに向き合った織山に、ネット上では「この子いい演技するなぁ」「アンニュイな雰囲気がよかった」「顔がよくてダンスうまくて演技もできるの? 逆に何ができないの?」「織山くんグロかわいかった!」と称賛の声が上がっていた。

ジャニーズJr. 織山尚大の血まみれ演技が好評『死役所』第1話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ