ここから本文です

米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の新シリーズが、10月17日より放送スタート(毎週木曜21時~)。今シリーズから、新人看護師役で今田美桜が出演しているが、さっそく「天使が出てた」と話題になっている。

サムネイル

『ドクターX~外科医・大門未知子~』第1話


看護師役の今田美桜がただの天使『ドクターX~外科医・大門未知子~』第1話>>

「私、失敗しないので」が決めゼリフの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)の活躍を描いた大ヒットドラマ『ドクターX』が、テレビ朝日開局60周年を記念してついに復活。2012年に放送された第1シリーズは、平均視聴率19.1%を記録し、その後の第2~5シリーズまですべて平均視聴率20%以上という圧倒的な人気を誇っている。

拡大スペシャルとなった第1話で未知子は、人里離れた山奥にポツンと建つ一軒家で、日系二世のブラジル人・ニコラス丹下(市村正親)と出会い意気投合する。その2カ月後、財政危機に瀕(ひん)した「東帝大学病院」で、未知子は「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれるファンドマネジャーとして招へいされていた丹下と再会を果たした。

「東帝大学病院」で働いていたのが、今田美桜が演じる新人看護師の大間正子だ。正子は、青森の実家に仕送りをするため、看護師長から注意を受けるほど懸命に働いていた。こっそり他の病院でもアルバイトをしており、疲労からフラつく一幕も。今後どのように物語と絡んでくるのか、注目だ。

家族のためにけなげに働く正子を演じた今田美桜に、ネット上では「ナース服似合いすぎ」「天使が出てた」「青森弁かわええ」「美桜ちゃんに合ってる役柄」などさまざまな声が上がっていた。

看護師役の今田美桜がただの天使『ドクターX~外科医・大門未知子~』第1話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ