ここから本文です

お笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎の妻が、結婚後に挑戦したグラビア撮影について赤裸々に語った。その過激な写真の数々に、共演者は驚きの声を上げていた。

サムネイル

『メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?』芸人の嫁が過激グラビア!?


流れ星・瀧上の美人妻の過激グラビア「たまりまくっちゃって......」>>

10月17日放送の『メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?』に、流れ星の瀧上伸一郎と、妻の小林礼奈が出演。結婚前は、元AKB48の前田敦子のモノマネ芸人として活躍していた小林だが、結婚後になんとグラビア撮影の仕事に挑戦したという。

その写真はかなり過激で、セクシーな下着姿のものだけでなく、なんと裸エプロンでの撮影もあり、共演者からは「ほぼ裸!」「尻が出とるよ」と驚く声が上がっていた。それでも小林は「乳首をちょい出すくらいならいい」とあっけらかんとした様子で、夫である瀧上を困らせていた。

小林が過激なグラビア撮影に臨んだのには、"夜の営み不足"という理由があったそう。小林が「ちょうどこの(撮影の)とき、たまりまくっちゃって、性のはけ口としてやった」と大胆告白すると、共演者たちは「性のはけ口って!」と総ツッコミ。さらに小林は、「夜の営みを月3回以上しなかったら、旦那が罰金5万円」という驚愕(きょうがく)の家庭内ルールまで明かしていた。

流れ星・瀧上の美人妻の過激グラビア「たまりまくっちゃって......」>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ