『M-1グランプリ2019』は"まんじゅう大帝国"と"からし蓮根"に注目? テレ東・佐久間Pが語る

2019/10/25 17:24

人気バラエティ番組『ゴッドタン』などを手掛けるテレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、漫才頂上決戦『M-1グランプリ2019』で注目するお笑いコンビを明かした。まんじゅう大帝国とからし蓮根の名前も挙げている。

サムネイル
『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』


佐久間宣行プロデューサーが手掛ける『ゴッドタン』最新回を無料配信中>>

『M-1グランプリ2019』決勝が、12月22日にABCテレビ・テレビ朝日系で生放送されることが決定した。10月23日深夜に放送されたニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』では、「佐久間さんが注目するコンビを教えてください」というリスナーメールが寄せられた。佐久間は、「和牛とかまいたちに取ってほしい気持ちはすごくある」と返答し、『ゴッドタン』でおなじみのお笑いコンビ・ゆにばーすも「思い入れがある」と明かした。さらに、すでに知名度が高い上記3組以外に"まんじゅう大帝国"と"からし蓮根"にも注目していると語った。

お笑いへの造詣が深い佐久間の口から名前が挙がったことについて、Twitter上では、「まんじゅう売れるの近いのでは?!」「からし蓮根の話してくれてた!うれしー」のように、まんじゅう大帝国とからし蓮根の両方のファンから喜びの声が寄せられている。まだお茶の間では知らない人も多そうな両コンビ。一体どんな存在なのか?

2016年6月に結成されたまんじゅう大帝国は、竹内一希と田中永真のふたりとも学生落語の出身。のんびりした語り口は、たしかに落語のテイストを感じさせるものがあり、結成直後に出場した『M-1グランプリ2016』では、アマチュアながら、3回戦進出を果たしてお笑い好きの注目を集めた。2017年に放送された『ゴッドタン』では、「『こいつは天才だ!』と一目置かれている芸人」として紹介され、"おぎやはぎの再来"とも呼ばれた。

からし蓮根は、2013年4月に結成された、伊織と杉本青空によるお笑いコンビ。2019年に入ってさらに勢いをましており、「上方漫才協会大賞」と「上方漫才大賞」の両方で新人賞にノミネートされただけでなく、「ytv漫才新人賞決定戦」では優勝を果たした。熊本出身の2人による漫才は方言が心地よく、今もっとも注目すべき若手コンビの1組であることに間違いはない。

10月25日時点で、『M-1グランプリ2019』は第2回戦まで行われている。今後は3回戦、準々決勝、準決勝、敗者復活戦を経て、ようやく決勝がスタートする。有名コンビがまさかの脱落をしたり、シンデレラ的なブレークを果たす若手が現れたり、毎年驚きの展開が起こる『M-1グランプリ』。今年は一体どんなドラマが生まれるのか――? 決勝は約2カ月後。視聴者があっと驚くような顔ぶれがそろうかもしれない。

佐久間宣行プロデューサーが手掛ける『ゴッドタン』最新回を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW