相内優香アナがアイドルと一緒に全力ダンス「番組で泣いたのは初めてでした」

2019/10/29 17:16

テレビ東京系『電脳トークTV2~相内さん、もっと青春しましょ!』が、最終回を迎えた。相内優香アナウンサーが、アイドルグループ・青春高校アイドル部のメンバーと『青春のスピード』を歌って踊った。

サムネイル
『電脳トークTV2~相内さん、もっと青春しましょ!~』相内優香アナ、青春高校アイドル部と一緒に『青春のスピード』を歌って踊る


相内優香アナがアイドル衣装で全力ダンス......特訓の成果は?>>

『電脳トークTV2~相内さん、もっと青春しましょ!』の最終回が10月27日に放送された。相内アナは、共演していた青春高校アイドル部の日比野芽奈、持田優奈、大曲李佳、さらにはバーチャルアナウンサーの相内ユウカと一緒に青春高校アイドル部の『青春のスピード』を踊るため、3週間のダンスレッスンを受けていた。

何も知らない青春高校アイドル部の3人は、同じ衣装を着た相内アナの姿を見ると驚きの表情を浮かべる。そしてみんなでフォーメーションも合わせ、同曲を一生懸命に歌って踊った。相内アナは曲が終わると、あまりの疲労から「死ぬかと思った」と冗談めかしてコメント。しかし、メンバーが涙を浮かべて「自分たちのために覚えてくれて一緒に踊れたことが本当にうれしい」とお礼の言葉をかけると、相内アナも「最後にみんなで青春できてよかったです」と涙した。

放送後、相内アナは自身のTwitterに「青春高校3年C組の生徒たちと本物の青春ができるとは思ってもみなかったです。番組内で泣いたのも初めてでした」と投稿。「青春に年齢は関係ありません。皆さま、ありがとうございました」と感謝をつづっていた。

相内優香アナがアイドル衣装で全力ダンス......特訓の成果は?>>

(文/沢野奈津夫@HEW