塚本高史が大人への階段を上る『まだ結婚できない男』チェインストーリー第4.5話

2019/10/30 15:26

カンテレ・フジテレビ系ドラマ『まだ結婚できない男』第4話が、10月29日に放送された。物語と物語をつなぐチェインストーリー第4.5話では、塚本高史が演じる村上英治にスポットライトが当てられた。

サムネイル
『まだ結婚できない男』4.5話 村上英治の、大人への階段


『まだ結婚できない男』チェインストーリー第4.5話「村上英治の、大人への階段」>>

阿部寛が母親を追い出すために奔走『まだ結婚できない男』4話>>

『まだ結婚できない男』は、2006年に放送された人気ドラマ『結婚できない男』の続編で、カンテレ制作のオリジナルドラマ。偏屈で、独善的で、皮肉屋の建築家・桑野信介は、53歳になっても相変わらず独り身を謳歌(おうか)する日々を送っていた。しかし、ひょんなことから出会った女性たちとの間で運命の歯車が回り始める――。

動画配信サービス「GYAO!」で配信中のチェインストーリー第4.5話『村上英治の、大人への階段』では、部下の詩織(奈緒)と裕太(荒井敦史)にきつく当たってしまったことを悩む英治の姿が描かれた。2人と飲みにいくはずだった英治だが、この日は、珍しく1人でバーを訪れた。しかし、いざ来てみると何をしていいのかわからず、暇を持て余してしまう。

"お一人様"を満喫する桑野のことを思い出すが、「あんな孤独に耐えられるはずがない」と考える英治。そんななか、他のテーブルで上司と部下が熱く会話しているのが聞こえてきた。再び部下2人について頭を悩ませていると、詩織から電話がかかってくる......。それぞれのキャラクター性やストーリーを深掘りすることができるチェインストーリー。本編をより楽しむためには、見逃すことは出来なそうだ。

また、10月29日に放送された本編の第4話では、自宅が水漏れして、母親の育代(草笛光子)が桑野の家に転がり込んでくる。追い返したい桑野は、水漏れの原因を作ったリフォーム会社と交渉してほしいと、育代を連れてまどか(吉田羊)に依頼するが......?

『まだ結婚できない男』チェインストーリー第4.5話「村上英治の、大人への階段」>>

阿部寛が母親を追い出すために奔走『まだ結婚できない男』4話>>

(文/沢野奈津夫@HEW