『ドクターX』強さの秘密は、貪欲な話題作り? 最新話に『モーニングショー』コンビが登場

2019/11/ 1 16:22

10月31日に放送されたテレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』第3話に、同局系『羽鳥慎一モーニングショー』のメインキャスター・羽鳥慎一と、レギュラーコメンテーターの玉川徹がゲスト出演して話題になっている。第6シーズンであっても貪欲に話題作りをしていく姿勢が、『ドクターX』の人気の秘訣(ひけつ)かもしれない。

サムネイル
『ドクターX~外科医・大門未知子~』第3話



羽鳥慎一と玉川徹がペアルックで登場した『ドクターX~外科医・大門未知子~』第3話>>

米倉涼子演じる"孤高の天才外科医"大門未知子の活躍を描いた『ドクターX』は、10月より第6シーズンが放送中。第1シーズンの放送開始から約7年がたっても人気は衰えることなく、最新シーズンも第1話が20.3%、第2話が19.0%と高視聴率をキープしている(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

10月31日に放送された第3話は、羽鳥慎一と玉川徹の『羽鳥慎一モーニングショー』コンビが緊急出演したことでも話題になった。米倉は初回放送の番宣で『羽鳥慎一モーニングショー』に出演した際、「出てくださいよ!」と2人に声をかけており、そのオファーが実現した形だ。羽鳥と玉川はドラマ内で、大門未知子たちが訪れたもんじゃ焼き店で隣に座った客役として、"H"と"T"のロゴが入ったおそろいのセーター姿で登場した。

第1シリーズの平均視聴率は19.1%をマークし、2013年の第2シリーズから2017年の第5シリーズまではすべて平均視聴率20%以上という怪物級の人気で知られる『ドクターX』シリーズ。豪華ゲストでも人気の同シリーズだが、第6シリーズは、第1話に松坂慶子、第2話に上白石萌歌と清原翔、第3話に羽鳥慎一と玉川徹がゲスト出演しており、次回第4話には、昨年秋クールに放送されたTBS系ドラマ『中学聖日記』で注目を集めた若手俳優・岡田健史が出演することが決定している。また、『クレヨンしんちゃん』とコラボしたオリジナルショートアニメ『Doctor-Xだゾ』も11月9日16時30分より放送する。

ドラマライターは、『ドクターX』について、このように指摘する。
「常に高視聴率をキープする長寿シリーズにもかかわらず、いまだに"話題作り"に貪欲なのがすごいですね。ゲストが豪華ということはもちろん、公式サイトには、ゲスト俳優のコメントや現場でのエピソードなどが、かなりのボリュームで記載されているので、記事のネタにしやすいです。だから毎回ニュースになるのでしょう。長年放送が続いているうちに『まだ放送しているの?』という状態になってしまう作品もありますが、『ドクターX』からは"空気"にはならないという執念を感じます」

慢心することなく、地道な話題作りを忘れない姿勢こそが『ドクターX』の強さの秘密なのかもしれない。

羽鳥慎一と玉川徹がペアルックで登場した『ドクターX~外科医・大門未知子~』第3話>>

(文/原田美紗@HEW