ここから本文です

高畑充希が主演を務める日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』第5話が、11月6日に放送された。毎回お馴(な)染みとなっている、サクラ(高畑充希)の祖父(津嘉山正種)のFAXが話題になっている。

サムネイル

「勝ち」より「価値」だ


おじいちゃん語録が話題『同期のサクラ』第5話>>

『同期のサクラ』は、ドラマ『過保護のカホコ』制作チームが集結し、遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナルドラマ。小さな離島から上京した北野サクラ(高畑充希)の「故郷と本土を結ぶ橋を架ける」という夢に、就職先の大手ゼネコンの同期である月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)たちも巻き込まれていく。どんな状況でも自分を貫いたサクラと同期たちの10年間を描いた物語だ。

早くから両親を亡くしたサクラを、ここまで育てたのは祖父の柊作だった。「電話は好きでねぇ」という柊作に、サクラは手紙で悩み相談や近況報告をする。毎回お馴染みとなっているこのやりとりが、注目を集めている。

第5話では、国交省の官僚の父を持つ葵(新田真剣佑)は、自身の活躍が親のコネによるものであることに悩んでいた。そんななか葵は、同期たちを見下すような発言をしてしまい衝突。荒れる葵についてサクラが柊作に相談すると、「そいつがダメなのは結局勝ち負けにこだわっているからだ。大切なのは、『勝ち』より『価値』だ」とFAXが送られてきた。

サムネイル
『同期のサクラ』第5話


この言葉にネット上では、「これは身に染みる」「確かに勝ち負けにこだわり過ぎるとろくなことないな」「目先の勝利にとらわれてもしょうがないよな」「毎回おじいちゃんの言葉が楽しみになっている」と感嘆や共感の声が多く上がっていた。

過去にも柊作は、「サクラが好きだ。だっておまえには、自分にしかできないことがある」「大人になるとは、自分の弱さを認めることだ、と思う。自信はないが」「つらいときこそ自分の長所を見失うな」など、数々の金言でサクラを救っている。

おじいちゃん語録が話題『同期のサクラ』第5話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ