ここから本文です

11月7日に放送されたテレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』に、お笑いタレントの山田邦子がゲストで登場。全盛期の最高月収や、人間不信に陥った過去を激白した。

サムネイル

『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』出演の山田邦子


「たけしさんがさんまさんのギャラ交渉を...」『ひょうきん族』メンバー秘話も>>

今回「人生が180度激変した女芸能人スペシャル」のコーナーに、"天下を取った女芸人"として登場した山田。過去には『オレたちひょうきん族』、『クイズ!年の差なんて』などの人気番組に出演し、全盛期にはレギュラー番組14本を抱える"超売れっ子"として、多忙な日々を送っていたという。

そんな山田に、番組MCを務める次長課長の河本準一が「MAX月収だけ教えてください」とズバリ聞くと、「1億円くらいよ。月収ね」と驚きの金額を口にした。しかもそれは現金手渡しだったそうだ。

全盛期はレギュラー番組14本を抱え、NHK調査「好きなタレントベスト10」では、8年連続1位を獲得した山田だが、その後、90年代後半頃から出演する番組が次々と終了。
表舞台から遠ざかっていた頃について聞かれた山田は、「お稽古事とかも一切やっていなかったから、そこから(長唄を)20年間くらいやって名取にもなれた。そういう時間が持てたことはうれしい」と明かした。

また、「(全盛期は)全く時間がなかったし、何かに追われているような...。見られているようでカーテンも絶対に開けなかった」と改めて当時を振り返った。続けて「マネジャーにちょっと言ったことが、次の日に週刊誌や新聞に載ってしまうと、友達の話もできないし、"友達を作っちゃダメだ"というのがずっと続いていた」と、人間不信に陥っていた過去についても悲痛な面持ちで語った。

「たけしさんがさんまさんのギャラ交渉を...」『ひょうきん族』メンバー秘話も>>

(文/東恩納三沙子@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ