『時効警察はじめました』第4話は中島美嘉に加え......麻生久美子&吉岡里帆も"メロンビーム"!

2019/11/11 17:52

11月8日に放送されたテレビ朝日系ドラマ『時効警察はじめました』第4話では、中島美嘉がメロンの被り物姿で謎の光線"メロンビーム"を放った。三日月しずか(麻生久美子)と彩雲真空(吉岡里帆)がメロンビームでじゃれあうシーンも「かわいい」と評判だ。

サムネイル
『時効警察はじめました』第4話 ゾンビ映画殺人事件


中島美嘉が衝撃の"メロンビーム">>

『時効警察はじめました』は、『時効警察』シリーズの12年ぶりの新作。第4話では、25年前に公開されたゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』の撮影中に起きた殺人事件の真相に迫った。中島美嘉は第4話のメインゲストとして、『ロマンティックを止めるな』をきっかけにブレークした女優・折原千香子役を演じた。

いまや仕事が激減してしまった千香子の最近の代表作とは、"メロンのCM"。この映像の中で、中島美嘉がメロンの被り物姿でゆるいダンスを披露している。さらに額から"メロンビーム"なる謎の光線を発するシーンも......。Twitter上で、「中島美嘉になにやらせてるのww」「とどめのメロンビームにやられたわ」「まじこれ中毒性ある」と話題になっている。

しかし、第4話でメロンビームを披露したのは、中島美嘉演じる千香子だけではない。三日月しずか(麻生久美子)と彩雲真空(吉岡里帆)がふざけて、「メロンビーム!」「うっ!」とやりあうシーンもあり、こちらも「二人のメロンビームかわいすぎだわぁぁぁ」「こっちがメロメロだわ」と好評だ。

なお、第4話には、加藤茶も"加藤茶らしき人"役でカメオ出演した。ワンシーンだけの登場ではあるが、自身のギャグを本気かつ立て続けにババンババンバンバンッと連発している。さまざまな小ネタがぎっしり詰まった『時効警察』シリーズだが、今回は"メロンビーム"回と呼ぶべきか、"加藤茶"回と呼ぶべきか......!?

中島美嘉が衝撃の"メロンビーム">>

(文/原田美紗@HEW