事情通・加治将樹の情報収集の実態が明らかに! その裏には知られざる.../『ハル』チェインストーリー第4.5話

2019/11/12 13:53

中谷美紀が主演を務めるテレビ東京系ドラマ『ハル ~総合商社の女~』第4話が放送された。また、無料動画配信サービス「GYAO!」で配信中のチェインストーリー第4.5話では、情報通として知られる川上周平(加治将樹)のコミュニケーションの極意に迫った。

サムネイル
中谷美紀主演『ハル ~総合商社の女~』第4話


晴と和田、元夫婦がタッグを組む!『ハル ~総合商社の女~第4話』>>

情報通・川上、ビッグな特ダネをゲット『チェインストーリー第4.5話』>>

本編第4話では、和田寿史(藤木直人)が新たな案件として、映画会社スターバレーの問題を議題にあげた。2年前から五木の完全子会社になり、五木商事の飯島利彦(宮川一朗太)が社長に就任している。だが和田の後輩で社員の若林隼人(満島真之介)いわく、飯島がもうけ第一の商社気質で、裏付けデータがないと企画が何も通らないという。「映画作りには感性も必要だ」と怒りをあらわにする和田。早速、海原晴(中谷美紀)は飯島に話を聞きに行くが...。

サムネイル
『ハル ~総合商社の女~』チェインストーリー 第4.5話「情報通・川上の実態」


また無料動画配信サービス「GYAO!」では、物語と物語をつなぐチェインストーリー第4.5話を配信中。海原晴と和田寿史が所属する経営企画部の川上周平(加治将樹)は社内事情に精通し、さまざまな人間関係を把握する情報通だ。そんな彼の日常を通して、情報収集の極意に迫った。

川上は、社内や喫煙所、トイレに至るまで、どんな場所でも同僚たちと雑談を欠かさない。そこで得た情報を、さらに別の同僚に提供することで、新たな情報を引き出していた。情報通として知られるその裏には、どんな小さな情報も見逃さない川上のマメな性格と、日々自ら率先して周囲に話しかけ、コミュニケーションを通して情報を得ようとする努力があった。

川上が提供する情報によって、今後のストーリーにどんな影響を及ぼすのか...。そして、そんな川上が、休日の日曜日に偶然目撃した"ビッグな特ダネ"とは!? 本編をより楽しむために、川上に焦点を当てた今回のチェインストーリーも見逃せない。

晴と和田、元夫婦がタッグを組む!『ハル ~総合商社の女~第4話』>>

情報通・川上、ビッグな特ダネをゲット『チェインストーリー第4.5話』>>

(文/東恩納三沙子@HEW