ここから本文です

動画配信サービス「GYAO!」、ストリーミングサービス「AWA」、音楽情報サイト「Real Sound」の3媒体でのフォローアップのもと、日本工学院専門学校の学生がアーティストインタビューを行う、ネクストブレイクアーティストをプッシュするコラボレーション企画『G-NEXT』。

今回の選出アーティストは、「それぞれの人間の個性が光る空間を銀河系規模で生きていこう」というメッセージを込めたミニアルバム『GINGAKEI』を11月13日にリリースした、神戸発の4ピースオルタナティブロックバンド・パノラマパナマタウン。ヒップホップ、ファンク、ポップ、ラップ、ガレージロック、ジャパニーズロック......どこを切り取っても彼らの色に染めてしまう独自の音楽性を鳴らす真意、『GINGAKEI』で描いたバンドの未来、そして彼らにとっての「音楽」とは何かを聞いた。


サムネイル

4ピースオルタナティブロックバンド・パノラマパナマタウン


100回は書き直してできた曲『HEAT ADDICTION ~灼熱中毒~』>>

■自分たちが変わっていく過程をいち早く届けたかった

――ミニアルバムの発売に先駆けて「HEAT ADDICTION ~灼熱中毒~」と「Dive to Mars」をデジタルシングルでリリースされていましたが、なぜこの2曲を選んだのでしょうか?

岩渕想太(以下、岩渕):前作である「ずっとマイペース」からの3作連続配信をするなかで、良い曲ができたから、できた順に聴いてもらおうと思いまして。自分たちが変わっていく過程をいち早く届けたかったからです。

――この連続配信の3曲、作曲されたメンバーが全曲違いますが、どのような制作工程で進めているのか教えてください。

岩渕:ある程度形になったものをメンバーが個人で作ってそこから築いていく場合もあるし、4人で「ここはこうしよう」と意見を出し合いながら作ることもありますね。


サムネイル
4ピースオルタナティブロックバンド・パノラマパナマタウン


――なるほど。では、今作を制作するにあたって、何か裏話や制作秘話などがありますか?

岩渕:表話ならあるんですけどね......、裏は難しいっすね(笑)。

浪越康平(以下、浪越):あ、じゃあ話していいですか(笑)。まず最初にできたのが「ずっとマイペース」だったんですけど、この曲を作った時のコンセプトが"一つのループで踊れるリズム"だったんですけど、この曲ができたことで、こういう方向でアルバム全体を仕上げていこうってなりました。その次に作ったのが「HEAT ADDICTION ~灼熱中毒~」なんですけど、あまりギターが鳴っていない曲なので、ギタリストとしてどうしたらいいのかをメンバーで話し合って作りました。ループミュージックの中で、できることを見つけるのがすごく大変でしたね。

岩渕:「HEAT ADDICTION ~灼熱中毒~」は歌詞が全然決まらなくて。語感を大事にしつつも、ラップとしての面白さがあって、でも夏の曲として意味が通るものを作るというのは、自分なりに難しかったです。今まで歌詞を書くときは意味を先行して考えて作ることが多かったんですけど、今回のアルバムの収録曲は全て語感先行というか、発したときに気持ちの良い言葉を意識して選びました。この曲だけでも100回くらい書き直したんじゃないかな、いろいろな角度からやって。でも最終的にできた歌詞は、ラップとしても言いやすいし意味も通る、そんな歌詞になったと思います。M1の「Dive To Mars」は浪越が作った曲なんですけど、ギターを思いっきり弾き殴っている曲の中に僕がラップを入れて、お互いの趣味が混ざり合うような曲になりました。


サムネイル
4ピースオルタナティブロックバンド・パノラマパナマタウン


――みなさんの趣味が楽曲にも投影されているということですよね。

岩渕:そうですね。M7の「GINGAKEI」も思いっきりタノの趣味というか。好きなものが詰め込まれている楽曲に仕上がってます。

――今作のなかでもお気に入りの曲を教えてください。

岩渕:僕としては「Dive To Mars」はこの作品の顔となる楽曲だし、聴いてほしいです。ロックバンドの中でラップやヒップホップもやるという部分にはこだわりを持ってますし、自分が好きな日本語ラップの誇りというか、その感覚をすごく入れてるから。そういう意味で好きなところをいっぱい詰め込んだ曲なので。メッセージとしても、"火星に飛び込め"っていうのは、知らない所に飛び込もうぜって意味を込めていて。今の自分らの凝り固まった感じとか、ジャンルの壁とかを全部取っ払って、見たことないものを見に行こうって。そういうメッセージも含めて聴いてほしい曲です。

タノ アキヒコ(以下、タノ):僕は最後に収録されてる「GINGAKEI」ですかね。先ほど岩渕が話していたように自分が作りたかったタイプの曲がやっと作れたって思えた曲だったので。バンドサウンドからは離れている曲ではあるんですけど、これをバンドとして鳴らせるバンドで良かったって、改めて思えた楽曲です。

田村夢希(以下、田村):僕は「エイリアン」ですね。「目立ちたくないMIND」と「エイリアン」が、今作の中ではバンドテイストの曲になっていて。「エイリアン」がそもそも好きっていうのもあるんですけど、パノラマパナマタウンとしての衝動もレコーディングしたときに感じていて、聴いても良い出来だなって思って。だから好きですね。

浪越:僕も岩渕と被っちゃうんですけど「Dive To Mars」ですかね。音楽をやるにあたって一番追求しているというか......僕はほぼサウンドにしかこだわりはないんですけど。自分が聴きたいなと思う曲が、ファンキーだけどちゃんと現代的でロックでグルービーで......っていうものなので、それが自分で作れたなって思ってます。とてもうれしいので、この気持ちを共有してもらいたいです。


サムネイル
4ピースオルタナティブロックバンド・パノラマパナマタウン


■凝り固まっているところを打破したい

――もうすぐ『銀河探索TOUR2019-2020』も始まります。まず対バンされる他のアーティストについてお聞きしたいです。

岩渕:すごいアクが強い人たちというか、全バンド自分らの色を全面に出している人たちだと思っていて。自分らの色を信じて、そこに全部を注いでる感じがやっぱり好きだし、そういうバンドと一緒にやりたいなって思いましたね。

――9月に開催された自主企画「渦:渦」では「HEAT ADDICTION ~灼熱中毒~」のMVさながらのダウンジャケットを着て汗だくになりながらライブをする演出が印象的でしたが、そのきっかけは何だったのでしょうか?

岩渕:いや、ただ目立ちたいからですね(笑)。思いついたことをやろうと思っていて、AirDropで今作のリリースを解禁したのもそうだし。なんかバンドって凝り固まっているところがあるなと思っていて、(他のバンドと)同じことをしなきゃいけないんじゃないかっていう空気感があるように感じることがあって。そこを打破したいし、面白いことをしたいなっていうのはあるんですけど、でもやっぱり目立ちたいっていうのが一番ですかね(笑)。


サムネイル
4ピースオルタナティブロックバンド・パノラマパナマタウン


――(笑)。今回のツアーは、どんなツアーにしていきたいですか?

田村:また音源とは違った表現ができると思うし、やっぱりライブをしてるときがパノラマパナマタウンの良さを120パーセント伝えられると思うので、ぜひ来てほしいなっていうのと、頑張ります! ってとこですかね。

タノ:『GINGAKEI』を経て、バンドのリズム感もだいぶ良い方向に変わってきています。バンド全体がレベルアップされているので楽しみにしていてほしいです。一番良い状態をたくさんの人に見てほしいなって思います。

浪越:音源でシンセとか打ち込みを使用している分、ライブではかなりアレンジされるのではないかと。ライブで音源との違いを楽しんでもらえたらいいなと思います。

岩渕:ライブで面と向かって音楽や言葉を伝えられるバンドだと思っているから、"これを伝えたかったんだよ"っていうものがいっぱい詰まっているもの(=アルバム)なので、それを体感してほしいです。ライブが面白いし、ライブが濃いバンドなので、毎回音源を超えるライブをしようと思ってツアーを組んでるし。今日もリハに入ってたんですけど、めっちゃ楽しくて、この楽しさを伝えたいですね。音源をめちゃめちゃ聴いてきてもらって、その音源を超えるライブをするっていう。


サムネイル
4ピースオルタナティブロックバンド・パノラマパナマタウン


――とてもすてきなツアーになりそうですね。では、最後に皆さんにとって「音楽」とはどういう存在なのか聞かせてください。

岩渕:なんでしょうね......(笑)。でも、音ってパターンじゃないですか、使える音は決まってるのにそれぞれの心が伝わるのってすごいなって。それだけでムードが伝わるし、思いが伝わるし、なんとなく共有できる何かがあるっていうのは本当にすごいなと思います。

浪越:ギタリストなのでギターの話になってしまうんですけど。ゲームで主人公のレベルを上げていくのが好きなんですけど、自分の中でそうやって死ぬまでにひとつのことを極められるというか、常にスキルアップして、人生を通してギターをどこまで弾けるようになるんだろうっていう。自分の中でのワクワクするものではありますね。ひとつのものを極める楽しさです。

タノ:僕は、嫌いになったことがない、唯一のものですね。

岩渕:確かに。

タノ:うん。音楽は聴かないことができない、嫌いになれない、すごく大切なものですね。

岩渕:音楽とは疎遠にならないよね。

田村:うん。人の心を動かすし、そういうエネルギーがあるものだと思っていて。そういうのってやっぱり他になかなか無いと思うし、人間だれにでも伝わるものだから。そこはすごい魅力的ですね。


サムネイル
後ろ:パノラマパナマタウン 前:永吉祐香 /上原虎起/青木優生菜


100回は書き直してできた曲『HEAT ADDICTION ~灼熱中毒~』>>

■プロフィール
岩渕想太(vocal)、浪越康平(guitar)、タノアキヒコ(bass)、田村夢希(drums)の4人で構成。福岡、広島、大阪、神戸と、それぞれ出身の異なる4人が、神戸大学の軽音楽部で集まり、結成されたオルタナティブロックバンド。バンド名に特に意味はない。
ロックとヒップホップ両方に影響を受けた、熱いライブパフォーマンスと独特なワードセンスを武器に奔走する4人組。高笑いしながらシーンのちゃぶ台をひっくり返すことをもくろむ。


【リリース情報】
パノラマパナマタウン
A-Sketch

11月13日発売
ミニアルバム『GINGAKEI』
[通常盤] AZCS-1087/\1800(税別)

取材:青木優生菜、上原虎起
撮影:澁谷宗大
構成:森はち
(日本工学院専門学校蒲田校コンサート・イベント科)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ