ここから本文です

11月4日~10日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。前週に続き、『ドクターX~外科医・大門未知子~』、『相棒 season18』、『グランメゾン東京』がトップ3に並んだ。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』第4話(11月7日放送) 17.8%

【無料配信】「ドクターX~外科医・大門未知子~」最新話を配信中>>

"孤高の天才外科医"大門未知子(米倉涼子)の活躍を描いた大人気シリーズの第6弾。テレビ朝日開局60周年記念番組として、約2年ぶりに復活した。

世界記録を叩き出した日本陸上界のエース・四日市清昭(岡田健史)が右足の痛みを訴え、東帝大学病院に極秘入院した。AIの診断のもと、四日市がヒザの滑膜肉腫ステージⅢであることが判明する。四日市は「半年で走れるようにしてください」と訴えた――。昨年放送されたTBS系ドラマ『中学聖日記』で鮮烈なデビューを飾った若手俳優・岡田健史がゲスト出演して注目を集めた。

■第2位 テレビ朝日系『相棒 season18』第5話(11月6日放送) 14.3%

【無料配信】「相棒 season18」最新話を配信中>>

『相棒』は、今年で誕生20年目。杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)のコンビもついに5シーズン目に突入し、ドラマシリーズ最大級のスケールで制作される。

人気覆面詩人"スノウ"を名乗る女性が毒殺された。捜査の中で、スノウの正体は、遺体で発見された女性ではなく、竹田ユキ(佐藤江梨子)という別人であることが判明。しかもユキは、冠城亘の元恋人でもあった――。ユキ役を演じた佐藤江梨子にとって、『相棒』シリーズへの出演は約14年ぶり。前回の怪演と、はかなげな雰囲気をしたユキ役とのギャップに驚かされた視聴者も多かったようだ。

■第3位 TBS系『グランメゾン東京』第4話(11月10日放送)13.3%

【無料配信】「グランメゾン東京」最新話を配信中>>

型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)が、世界最高の三つ星レストランを作ることを目指し、再び立ち上がる物語。尾花とともに三つ星を目指す女性シェフ役を演じるのは鈴木京香で、木村とは『華麗なる一族』以来12年ぶりのタッグとなる。

グランメゾン東京が、いよいよプレオープンを迎えることになった。そこに急きょ、世界的な人気雑誌『マリ・クレール ダイニング』の編集長・リンダ(冨永愛)が来ることになる。リンダを満足させるため、尾花はデザートを作り直すことを決める――。木村拓哉が演じる尾花と、玉森裕太が演じる祥平の"師弟対決"が見どころの回だった。

■『科捜研の女』、『同期のサクラ』と続く

【無料配信】「科捜研の女 season19」最新話を配信中>>

【無料配信】「同期のサクラ」最新話を配信中>>

第4位にはテレビ朝日系『科捜研の女』(12.4%)、第5位には日本テレビ系『同期のサクラ』(11.8%)と続いた。

気になるのは、トップ3のタイトル同士にもなかなかの差が存在することだ。このままトップ3は固定化するのか? それとも木村拓哉×飯テロ要素で注目を集める『グランメゾン東京』がさらに記録を伸ばしていくのか?

(文/原田美紗@HEW

出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ