ここから本文です

『キャッツ・アイ』『シティーハンター』で知られる漫画家・北条司の初総監督映画『エンジェルサイン』が、11月15日より公開される。そのディレクターズ・カット版にあたる5作品が動画配信サービス「GYAO!」にて無料独占配信中。

サムネイル

映画『エンジェルサイン』主演を務める松下奈緒とディーン・フジオカ



映画『エンジェルサイン』冒頭映像・原作モーションコミックなど特別映像を配信>>


『エンジェルサイン』は、世界108の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション(通称SMA)」作品6,888編の中から選び抜かれたアジア・ヨーロッパ・南米の受賞作品を実写化した長編オムニバス映画。受賞作品の『Beginning and Farewell』、『Thirty and A Half Minutes』、『SKY SKY』、『Father's Gift』、『Back Home』をもとにした5作品に、北条司が描き下ろしたオリジナルの『プロローグ&エピローグ』を加えて構成されている。

全編を通してセリフを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開し、5作品の監督は、アジアの有名監督たちが担当する。5作品をつなぐ重要な役割を果たす『プロローグ&エピローグ』では、総監督を務める北条自らが初めてメガホンを取る。

『プロローグ&エピローグ』の主演を務めるのは、松下奈緒とディーン・フジオカ。『別れと始まり(英題「Beginning and Farewell」)』には緒形直人と菊池桃子、『父の贈り物(英題「Father's Gift」)』に佐藤二朗といった豪華キャストが集結。奇跡の訪れを告げるブルーバタフライと音楽が鍵を握る6つの物語を通して、北条司が新たな「愛の物語」を描き出す。

今回『プロローグ&エピローグ』で主演を務める松下奈緒とディーン・フジオカは、以下のコメントを寄せている。


サムネイル
映画『エンジェルサイン』プロローグ&エピローグ 場面写真


「プロローグ&エピローグ」あらすじ
チェリストのアイカとピアニストのタカヤ。音楽家で恋人同士の二人は、「いつか二人の音楽で、世界中の人々を感動させたい......」と、夢を追いかけていた。アルバイトをしながら曲作りに没頭するタカヤと、彼を見守るアイカ。しかし、「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、タカヤは帰らぬ人となってしまう。アイカが、チェロのみで演奏する「エンジェルサイン」。やがて、その曲は世界に広まっていき......。

■松下奈緒(アイカ役)
初めて台本を頂きまず驚いたのはせりふが一言もなく、絵コンテだったことです。しかも、その絵コンテは北条先生が描き下ろされた絵コンテでしたのでとても感激しました。サイレントムービーもチェロ演奏も初めての経験でしたので、撮影はとても濃厚に感じました。
せりふがないのでディーンさんとその場に合ったせりふでお芝居をしていたので、とても良い緊張感がありました。言葉や文化が違っていても、主人公と同じ気持ちになれる。そう改めて感じられた撮影現場でした。美しい音楽も合わせて楽しんでいただけたらうれしいです。

■ディーン・フジオカ(タカヤ役)
北条先生はサングラスがすごく似合うと思いました。あんなにディレクターズチェアーに座って、サングラスが似合う監督はウォン・カーウァイか北条先生じゃないでしょうか(笑)。そういうハードボイルドなビジュアルから想像できない柔らかさがあって、本当に現場は自由でした。
僕の世代の男の子だったら、冴羽りょうみたいな男になりたいというボーイズドリームは、皆持っていたと思うので、北条先生の作品の一部に参加させていただけるとのことで、すごく光栄です。

また、「総監督・北条司×企画・堀江信彦」による対談も一部ここで紹介する。

---「今回の映画を制作するきっかけは何だったのですか?」---

堀江信彦:
われわれはもともとサイレントマンガオーディションというマンガ賞をやっているんです。これはセリフのないマンガを募集する賞なんですが、セリフがないから海外でも予想以上に反響があって、今では累計108カ国から、7,000作品近い応募が集まっています。で、5~6年前かな?「これを映画にしよう」という企画を考え始めたんです。

北条司:
サイレントマンガオーディションの作品は、これまでもマンガをもとにちょっと動く映像にしたり、日本の監督にショートフィルムをつくってもらってネット公開したりしてはいたんだよね。今回はその発展版。

堀江信彦:
もともとマンガと映画って兄弟、親子みたいな関係なんですよ。戦後マンガの発展は、手塚治虫先生が大きく寄与しているけど、その手塚先生は動画のコンテをレイアウトするようなかたちでマンガを構成していったものだから。今は、マンガはマンガ、映画は映画って分かれてしまっているけど、ルーツが近いものだから、お互いにもっと関わり合って作品をつくっていけるんじゃないかってずっと思っているんです。この映画はそういう意思表示でもある。


11月15日より劇場公開となった北条司が初総監督を務める長編オムニバス映画『エンジェルサイン』。そのディレクターズ・カット版5作品は、動画配信サービス「GYAO!」で独占無料配信中。配信スケジュールをチェックして、映画本編とあわせて楽しんでほしい。

■ディレクターズ・カット版「GYAO!」配信スケジュール

サムネイル
映画『エンジェルサイン』別れと始まり 場面写真


・別れと始まり(「エンジェルサイン」EP1)
【あらすじ】
幼き頃からずっと一緒だった夫婦に訪れた突然の別れ。愛する妻を失い生きる希望を失った鉄道の運転士である夫を元気づけようと長年連れ添ってきた飼い犬が奮闘するのだが......。

配信期間:2019/11/15~2019/11/21
配信URL:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00306/v12028/v1000000000000000312/


サムネイル
映画『エンジェルサイン』空への手紙 場面写真


・空への手紙(「エンジェルサイン」EP2)
【あらすじ】
病気で飼い犬を失ったことを理解できない幼い少女。愛犬を探し続ける少女に父親は雲の上で楽しく過ごしていると伝える。飼い犬への思いを絵手紙に描いて凧に結んで空に飛ばした。いつまでたっても返信がなく悲しみに暮れる少女の前に蝶が羽ばたく......。

配信期間:2019/11/20~2019/11/26
配信URL:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00306/v12028/v1000000000000000313/


サムネイル
映画『エンジェルサイン』30分30秒 場面写真


・30分30秒(「エンジェルサイン」EP3)
【あらすじ】
出産を目前に命を落としかけた妊婦の前に死神が現れる。死神が命を奪う直前にタカヤの曲が流れ、奇跡の蝶が出現する。与えられた時間はわずか30分と30秒。彼女は無事に赤ちゃんを産むことが出来るのか......。

配信期間:2019/11/25~2019/12/1
配信URL:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00306/v12028/v1000000000000000314/


サムネイル
映画『エンジェルサイン』父の贈り物 場面写真


・父の贈り物(「エンジェルサイン」EP4)
【あらすじ】
幼くして母を亡くし、二人で暮らす父と娘。母のいない少女に父親が贈ったギフトは母親代わりとも言えるロボットだった。少女はやがて父をも亡くし、生きる希望を失っていた。そんな彼女に蝶が舞い降りた。「彼女に笑顔を取り戻させたい」人間の感情を宿したロボットが選んだ行動とは?

配信期間:2019/11/30~2019/12/6
配信URL:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00306/v12028/v1000000000000000315/


サムネイル
映画『エンジェルサイン』故郷へ 場面写真


・故郷(ふるさと)へ(「エンジェルサイン」EP5)
【あらすじ】
必ず戻って来ると約束して娘を残し戦地に赴いた父。戦争が終わり、娘の元へと帰って来た父親であったが、戻ってきたのは彼の魂だけだった。娘と二度と会えぬ現実に気が付く父親の前に蝶が羽ばたいた時、会えるはずのない親子に奇蹟が訪れる。

配信期間:2019/12/5~2019/12/11
配信URL:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00306/v12028/v1000000000000000316/


映画『エンジェルサイン』冒頭映像・原作モーションコミックなど特別映像を配信>>


▼映画『エンジェルサイン』公式サイト
https://angelsign.jp/
企画:堀江信彦
総監督:北条司
出演:松下奈緒 ディーン・フジオカ 他
制作:ノース・スターズ・ピクチャーズ
製作:「エンジェルサイン」製作委員会

(文/東恩納三沙子@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ