ここから本文です

『おぎやはぎのハピキャン~キャンプはじめてみました~「Season7-4じゅんいち&大和流 通ぶれるキャンプ」』で、じゅんいちダビッドソンが作った特製カレーを、おぎやはぎの小木博明と鈴木亜美が絶賛した。

サムネイル

じゅんいちダビッドソンが作った特製カレーにおぎやはぎ・小木が大絶賛(写真はイメージ)


「どうする!? どうする!?」おぎやはぎ、炊飯に挑戦で大パニック >>

『おぎやはぎのハピキャン~キャンプはじめてみました~』は、キャンプ初心者のおぎやはぎが、仲間と一緒にキャンプを体験するアウトドア・ドキュメント・バラエティ番組。「じゅんいち&大和流 通ぶれるキャンプ」編にゲストで登場した鈴木亜美は、おぎやはぎ、じゅんいちダビッドソン、スパローズ・大和一孝とともにキャンプを楽しんだ。

今回は「これであなたも上級者!? 通ぶれるキャンプのススメ!」をテーマに、キャンプ好きの芸人たちが所属する「たき火会(たきびかい)」のメンバーで、いわゆる"キャンプ芸人"のじゅんいちダビッドソンとスパローズ・大和一孝が、「通ぶれる料理」としてカレー作りに挑んだ。

大和は、スパイスを使った本格カレーを作った。一方、じゅんいちダビッドソンは、市販のルーを使った王道のカレー作りに取り掛かった。じゅんいちダビッドソンの特製カレーは、手羽元からダシを取り、炒めた野菜を入れ、最後に2種類の市販のルーを加えてじっくり煮込んだもの。対する大和は、持参したスパイスをニンニクや生姜と炒め、野菜を無水調理することでうま味を引き出したこだわりのカレーを完成させた。

大和のカレーに小木は「うまい! うまい! でも、もうちょっと玉ねぎが柔らかければいいけど」とコメントしており、少々気になる部分もある様子だった。しかし、じゅんいちダビッドソンのカレーは、「こんなうまいカレー食べたことない! 王道なのに変わってるから、カレーがカッコいいんだよ! じゅんいちがカレーを変えたんだよ」と手放しで絶賛していた。また、ゲストの鈴木も「変わった味。いつものカレーとは違って何だかオシャレ」と舌鼓を打った。さらにじゅんいちダビッドソンは、意外と簡単だという「シュラスコの作り方」も伝授した。

じゅんいちダビッドソンと大和がプレゼンキャンパーを務める当番組は、全4回にわたり放送中。どの回でも、ほんの少しの手間を加えるだけで、上級者に見えるキャンプテクニックが満載だ。初心者にも分かりやすく、また上級者にとってもキャンプをより楽しめるヒントが詰まっている。

「どうする!? どうする!?」おぎやはぎ、炊飯に挑戦で大パニック >>

(文/東恩納三沙子@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ