ここから本文です

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演を務めるテレビ東京系ドラマ『ミリオンジョー』第6話で、森秋麻衣の本性が露になる一幕があった。森秋役を演じる今泉佑唯の"怪演"ぶりに、視聴者から驚きの声が上がっている。

サムネイル

『ミリオンジョー(ドラマパラビ)』第6話


森秋麻衣の本性がついに明らかに...『ミリオンジョー』第6話>>

『ミリオンジョー』は、十口了至・市丸いろはによる同名漫画が原作のドラマ。発行部数3億部を誇る国民的大ヒット漫画『ミリオンジョー』の作者・真加田恒夫(三浦誠己)が急死した。やる気ナシ、作品への愛情ナシの二流編集者・呉井聡市(北山宏光)は、『ミリオンジョー』の連載代行に挑む。

11月13日放送の第6話で、佐藤(永野)は、森秋(今泉佑唯)との出来事を呉井(北山宏光)たちに言えずにいた。さらに、徐々に人気が低迷してきた"成りすまし"『ミリオンジョー』にネット掲示板では、怪しむコメントが増えていく。そんな中、真加田の部屋の電話に『ミリオンジョー』の前担当編集者から着信が。追い詰められた呉井たちは、"成りすまし連載"の新たな計画を始動させた。そんな中、編集部を訪れた森秋が本性を見せる。

満面の笑みを浮かべ呉井に近づき、携帯の画面を見せた森秋。そこには、佐藤との2ショット写真があった。そのほかにも決定的な写真を見せられ「何だろうね...」と言葉を失う呉井に、森秋は「呉井さん、何だろうじゃないですよね」と、笑顔から一変、目を見開いて迫った。

この今泉の演技に、ネット上では視聴者から「狂気っぷりがすごい」「サイコパスな演技が怖い」「しびれました」「サイコパス感すごい!」といった驚きの声が上がっている。

2018年に欅坂46を卒業し、本格的に女優デビューを果たした今泉。2020年3月より上映される舞台『あずみ~戦国編~』で舞台初主演を務めることも決定している。彼女のこれからの活躍を期待させる怪演となった。

森秋麻衣の本性がついに明らかに...『ミリオンジョー』第6話>>

(文/東恩納三沙子@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ