アイドルと詐欺師という本田翼の二面性~『チート』に騙(だま)されるな!~

2019/11/18 11:12

日テレ系のプラチナイト『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』が熱い。
詐欺師たちを騙し返すスペシャリスト集団「チート」の面々と、詐欺師たちが騙し騙され騙し返す痛快エンターテインメントだが、その展開の想定外ぶりが受けている。


サムネイル
『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』出演の本田翼


二面性を使い分ける本田翼>>

■年間被害総額400億円の特殊詐欺

今や"オレオレ詐欺"が死語になりつつある程に、"振り込め詐欺"や"架空請求詐欺"などの特殊詐欺は、手口が巧妙化し被害が後をたたない。

年間被害総額は400億円。
自治体や警察が防止対策・犯罪予防に力を入れているが、SNSやネットバンキングが普及し、キャッシュレス決済も使われるようになっている。騙されやすい高齢者にとって、巧妙な手口に打つ手はない。大きな社会問題となっている。

しかもこの手の犯罪は、組織化したグループによるものが大半で、拠点を中国やタイなど海外に置くことで、主犯格が捕まりにくい構造になっている。
首謀者の指示に従って電話をかける"かけ子"、振り込ませたお金を口座から引き出す"出し子"、被害者と直接会って現金を受け取る"受け子"など、組織の中でも役割分担がオーガナイズされている。
手っ取り早くカネを手に入れようと、犯罪に手を染める若者たちも後を絶たない。例え彼らが逮捕されても、組織のボスは特定できず、いつまでも根本的な対応ができないのが実情だ。

■本田翼の二面性

そんな極悪詐欺たちに勇敢に立ち向かい、ぶった切るヒロインを描いた爽快なドラマが『チート』だ。

放送時間は、木曜の23時59分からと遅めの枠だが、社会問題であるこの題材は、ゴールデンタイムで放送して欲しいほどの仕上がりだ。

主演は、今最も勢いのある本田翼。キレの良いダークなヒロインを演じている。
ドラマの中でも、三流アイドルで活動中という裏の顔を持つ星野沙希を演じる。「チート」という詐欺撲滅グループの頭脳としてメンバーを率いている。
ファッションモデルから女優に転身し、今やゲーム実況でも有名な本田翼は、表と裏の顔を持つ沙希と重なる部分がある。ファンにとっても視聴者にとっても、すんなりと入ってくる役と言えよう。

沙希の父親は、マルチ商法で多額のカネを儲(もう)け、出資法違反(いわゆる詐欺罪)で警察に追われていた。
ところが逮捕される直前に、巨額の資金を持ち逃げし、海外に逃亡した。ところが謎の占い師として、東京での目撃情報が出ている。
沙希は、父親の稔を探しているが、なかなか思うようにはいかない。

勢いと迫力だけでゴリ押しする正義のヒロインだけでなく、暗い過去と家族を背負う娘の役を、微妙な表情やしぐさで演じる本田翼。劇中ではアイドル役も演ずる。二面性を使い分ける本田の演技にも注目が集まる。

■若者へのメッセージ

共演者は、「チート」メンバーが3人。加茂悠斗役に金子大地、根岸俊役に上杉柊平、天才ハッカー丸山美月役に福原遥が抜擢(ばってき)された。
他にアイドルグループのメンバー・ユナ役に横田真悠、さらに演技派俳優の風間俊介、ミステリアスな桐山漣と、キャラの濃いキャスティングがドラマを盛り上げている。

出演者の顔ぶれとリンクするように、ストーリーも若者をターゲットとした内容に仕上がっている。今回の7話は「占い詐欺師」、次回の8話はアイドルグループの「チケット詐欺」。いずれも若者にも関心の高いネタである。

テーマソングは、ももいろクローバーZが『stay gold』を歌う。アイドルが関わる主題歌も、若者に話題だ。

第7話では、元探偵と名乗る根岸と美月の正体が明らかになり、作者の遊び心がドラマを彩った。
「チート」をつぶそうとする裏切り者の正体が、少しずつ分かり始め、スリリングな展開へと発展していく予感がある。

オレオレ詐欺の被害者は、お年寄りがターゲットにされてきたが、今やこの世界は、年齢を特定しない幅の広い層が被害者になっている。さらに「簡単に稼げる」と勘違いして、共犯者として自覚がないまま手を染めてしまう若者も少なくない。

今をゆく本田翼が、極悪犯罪をぶった切ることで、誘惑に乗らない強さを持って欲しいという作者のメッセージが聞こえてきそうだ。
最後まで見届けたい。

二面性を使い分ける本田翼>>

コラムニスト:はたじゅんこ
監修:次世代メディア研究所