GENERATIONS片寄涼太が"甲斐隼人"役でゲスト出演!ファン歓喜「ダンスしている姿が...」/『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話

2019/11/18 14:59

11月17日放送の賀来賢人が主演を務める日本テレビ系ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話に、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』と同役の甲斐隼人役でゲスト出演した。甲斐のその後の姿に、視聴者から歓喜の声が上がっている。

サムネイル
『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話 逃亡


ついに第2部始動!『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話>>

『ニッポンノワール』は、脚本家・武藤将吾ら『3年A組』のスタッフが集結して制作するオリジナルドラマ。『3年A組』で起きた「魁皇高校立てこもり事件」の半年後を描いた物語だ。数カ月ぶんの記憶を失った警視庁の刑事・遊佐清春(賀来賢人)が、女性刑事・碓氷薫(広末涼子)を殺害した容疑者となるミステリー作品となっている。

第6話では、全国に指名手配をかけられた清春が、公安部の刑事・才門(井浦新)と共に逃走劇を繰り広げた。完全なる窮地に陥る中、地下組織「ニッポンノワール」の中枢の情報を掴んだ清春は、その核心へと迫っていく。

この第6話に、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に出演した甲斐隼人(片寄涼太)と、石倉光多(佐久本宝)らがゲスト出演した。2人がダンスの練習をしていると、公安部から追われ逃亡中の清春と碓氷克喜(田野井健)が現れた。清春は「こいつの居場所知らないか?」と一枚の写真を2人に手渡した。半グレ集団「ベルムス」メンバーの仁科の写真に、甲斐は「あいつが何かしたのか?」と清春に聞き返した。そこに警官が現れ、おびえる克喜を見た甲斐は、機転を利かせ「いつものダンスやろうか?」と、克喜を誘い出す...。

この片寄涼太が演じる甲斐隼人の登場に、ネット上ではファンから、「久しぶりの甲斐くんがすごく大人になってる」「甲斐さま相変わらず子供に優しい」「久しぶりに片耳ピアスの甲斐隼人が見れた!」「甲斐くんのセリフが3Aの時よりナチュラルで感涙」「また甲斐くんが見れて嬉しかった」「甲斐くんが仲間とダンスしている姿が見れて嬉しい!」といった歓喜する声が殺到していた。

また第6話には同じく『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』で、西崎颯真役を演じた今井悠貴やファイター田中役を演じた前川泰之らも出演している。

ついに第2部始動!『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話>>

(文/東恩納三沙子@HEW