『孤独のグルメ』8話の「ホルモンそば」に視聴者絶叫「夜中に何見せてくれてんだ!」

2019/11/25 14:59

テレビ東京系の人気グルメドラマシリーズ『孤独のグルメ Season8』第8話が、11月22日に放送された。鳥取名物のホルモンそばが登場し、視聴者の食欲を刺激している。

サムネイル
『孤独のグルメ』鉄板で焼かれるオーカク


鉄板で焼かれる「ホルモンそば」と「オーカク」が美味そうすぎる>>

『孤独のグルメ』シリーズは、原作・久住昌之、画・谷口ジローの同名漫画が原作。輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重豊)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマだ。五郎の大胆な食べっぷりや"心の声"が人気を集め、今作は第8シーズンにあたる。

サムネイル
『孤独のグルメ』鉄板で焼かれるホルモンそば


第8話で五郎は、仕事で鳥取県を訪れた。鳥取市役所では、食堂の名物となっているうどんの汁にラーメンの麺を入れた「スラーメン」を味わった。また、寝坊した翌日の昼は、これまた名物の「ホルモンそば」とホルモンの一種「オーカク」に舌鼓を打った。

五郎が訪れたのは、鉄板焼き屋「まつ屋ホルモン」だ。目の前で焼かれるオーカクに五郎は、「鉄板とコテが奏でる音楽がたまらない。立ち上がって踊りたい」と上機嫌。続いて焼かれた「ホルモンそば」には、「おいしい。おいしいよトットリくん。タレ、甘辛ニンニク。すごい。ホルモンと溶け合ううまさ......」と心の声も多弁になっていた。

深夜に放送されている同ドラマに、ネット上では「腹が減った......」「夜中に何見せてくれてんだ!」「もはや修行だろ」「明日鳥取に行くべきだろうか」「コンビニにダッシュしそうな自分を必死で抑えている」と盛り上がりを見せていた。

鉄板で焼かれる「ホルモンそば」と「オーカク」が美味そうすぎる>>

(文/沢野奈津夫@HEW