市原隼人に武田玲奈がガチギレ!? 給食で頭いっぱいの甘利田ついに教師失格か....../『おいしい給食』第6話

2019/11/25 16:37

『おいしい給食』第6話では、給食のことで頭がいっぱいの市原隼人演じる甘利田幸男が、吹奏楽部の顧問でありながら、朝練にほとんど顔を出さず、武田玲奈演じる御園ひとみが、ついに怒りを爆発させる一幕があった。

サムネイル
『おいしい給食』 第6話 ワンタンスープと名前の長いパン


"名前の長いパン"に、甘利田が混乱!?  『おいしい給食』第6話無料配信中>>

『おいしい給食』の舞台は1980年代のとある中学校。給食マニアの教師・甘利田幸男(市原隼人)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、「どちらが給食をおいしく食べるか?」という闘いを描く学園グルメコメディ。第6話で登場した給食のメニューは、「ワンタンスープ」に「白身魚のフライ」と、メイン級の品が2つも並び、ニヤニヤが止まらない甘利田だった。給食で頭がいっぱいの甘利田は、吹奏楽部の顧問でありながら、朝練にほとんど顔を出さず、代わりに副担任の御園ひとみ(武田玲奈)を行かせる。そんな態度に呆れた御園が、ついに怒りを爆発させる一幕があった。

この日、甘利田の代わりに吹奏楽部の朝練に出席した御園は、生徒から、甘利田がほとんど朝練に来ていないことを聞かされた。ついに我慢の限界を迎えた御園は、職員室で甘利田に対して、「先生ひどくないですか!? 吹奏楽部の朝練、ほとんど行っていないって本当ですか!? ホームルームで席替えの案が出ましたけど、あれはどうするんですか!?」「ちょっと無責任じゃないですか!?」と、怒りを爆発させて詰め寄った。

この御園ひとみ役を演じる武田玲奈の激怒ぶりに、ネット上では視聴者から「今回は御園先生無双!」「御園ひとみ先生の一生懸命な姿に感動」「キレッキレの演技!」といった絶賛する声が上がっていた。

12月8日放送の第7話では、給食のメニューに「焼きそば」が登場する。うれしさの余り、何度も献立を見返す甘利田。甘利田の宿敵・神野ゴウ(佐藤大志)も「焼きそば」に向けて、給食のおばさん・文枝(いとうまい子)となにやらたくらんでいる様子。ようやく4時間目のチャイムが鳴り、浮かれる甘利田だったが、生徒たちの様子がおかしい。給食を誰も口にしようとしないのだ......。

"名前の長いパン"に、甘利田が混乱!?  『おいしい給食』第6話無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW