"伝説のアイドル"少女隊の登場に大森南朋が涙

2019/11/27 12:08

俳優の大森南朋が、大ファンだったというアイドル・少女隊への思いを語った。とくに好きだったというミホさんがVTRで登場すると、涙を浮かべる一幕があった。

サムネイル
『チマタの噺』鶴瓶も感激! 大森南朋が憧れた伝説のアイドル登場でまさかの涙!?


大森南朋も涙......少女隊ミホさんが>>

11月26日放送の『チマタの噺』に、大森南朋が出演。「みんなが『おニャン子クラブ』好きだった時代で、少女隊はメジャーはメジャーなんですけど、軽くマニアックだった」と当時のアイドルの人気情勢を振り返り、青春を捧(ささ)げたという少女隊の思い出を語った。

大森は、「レコードをマニアックに聴いたり、ちっちゃいムック本を読み込んだりしてたんですけど、コンサートに行ってなくて、『俺はそういうんじゃねぇ』みたいなのがあって......」と独自の楽しみ方をしていたそう。ロックも好きだった大森は、「同じレベルで『ビートルズ』と『少女隊』と『ローリングストーンズ』とか聞いていた」と照れながらも語っていた。

番組では、特に大森が好きだったメンバーのミホさんの今に迫った。3人の子供を持つミホさんは現在「移動式の古着屋」として働いており、なんと娘の入夏さんは、モデルとして活動していた。大森と番組MCの笑福亭鶴瓶は、美しいミホさんの姿に「本当にキレイ」「かっこいいですね」と感動。うっすらと涙を浮かべていたことを鶴瓶に指摘されると、大森は「泣くわけないじゃないですか」と強がっていた。

大森南朋も涙......少女隊ミホさんが>>

(文/沢野奈津夫@HEW