『同期のサクラ』がベスト3入りを果たす(11月18日~24日期間 ドラマ視聴率ランキング)

2019/11/27 16:08

11月18日~24日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』、同局系『相棒 season18』に続き、日本テレビ系『同期のサクラ』が第3位を獲得した。

サムネイル
「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6話(11月21日放送) 19.3%

【無料配信】「ドクターX~外科医・大門未知子~ (2019)」最新話を配信中>>

"孤高の天才外科医"大門未知子(米倉涼子)の活躍を描いた大人気シリーズの第6弾。テレビ朝日開局60周年記念番組として、約2年ぶりに復活した。

キッズビジネスで大成功を収めた若き実業家の六角橋翔太(平岡祐太)が、後腹膜原発胚細胞腫瘍を患うも、他病院で手術適応に至らなかった7歳の皆月むつみ(宝辺花帆美)の手術を未知子に依頼する。「お金はいくらでも払う」と大々的に宣言し、その過程をSNSで報告する六角橋の好感度は上がる一方だったが、実はそれら全て売名のための行為でしかなかった。

■第2位 テレビ朝日系『相棒 season18』第6話(11月20日放送) 15.2%

【無料配信】「相棒 season18」最新話を配信中>>

『相棒』は、今年で誕生20年目。杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)のコンビもついに5シーズン目に突入し、ドラマシリーズ最大級のスケールで制作される。

古アパートに仕掛けられた罠(わな)にはまった右京は、目に大怪我を負ってしまう。そんな中、あるマンションの建設予定地で、不動産会社に勤める男性の遺体が発見された。右京は、罠(わな)が仕掛けられていた古アパートも、遺体発見現場も同社が関連していることに気付く――。両目に眼帯をつけたインパクト大な右京の姿はTwitter上でも話題になり、当該シーンの画像が拡散されるなどして盛り上がった。

■第3位 日本テレビ系『同期のサクラ』第7話(11月20日放送) 12.2%

【無料配信】「同期のサクラ」最新話を配信中>>

ドラマ『過保護のカホコ』制作チームが再集結し、遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナルドラマ。小さな離島から上京した北野サクラ(高畑充希)の夢に、就職先の大手ゼネコンの同期たちも巻き込まれていく。

サクラの夢である、故郷の島に架かる橋がついに着工した。しかし、想定より地盤が弱かったことが判明。今の深さでも安全基準はクリアしているが、島民が不安がっているため、サクラは島の出身者として現地の説明会で島民を説得することを求められる――。夢の実現を前にサクラが究極の選択を迫られ、これまでの集大成と言えるエピソードとなった。

■『科捜研の女』、『グランメゾン東京』と続く

【無料配信】「科捜研の女 season19」最新話を配信中>>

【無料配信】「グランメゾン東京」最新話を配信中>>

第4位にはテレビ朝日系『科捜研の女』(11.9%)、第5位にはTBS系『グランメゾン東京』(11.8%)と続いた。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』、『相棒 season18』、『グランメゾン東京』のベスト3が固定化していたが、『同期のサクラ』がベスト3入りを果たした。このまま『同期のサクラ』が勢いに乗るか、『グランメゾン東京』が挽回するか?

(文/原田美紗@HEW

出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)