『G線上のあなたと私』第7話は"女優・滝沢カレン"に泣かされる? キャスティングが絶妙

2019/11/27 17:14

モデル・滝沢カレンが、TBS系ドラマ『G線上のあなたと私』で女優として存在感を発揮している。視聴者からは「まさか滝沢カレンちゃんの演技でジワ~っとくるとは」と称賛の声が寄せられている。

サムネイル
『G線上のあなたと私』出演の滝沢カレン


『G線上のあなたと私』最新話を無料放送中>>

『G線上のあなたと私』は、恋愛マンガの名手・いくえみ綾の同名漫画が原作。同じくいくえみ綾作品を原作としたドラマ『あなたのことはそれほど』の制作チームが再集結し、「大人のバイオリン教室」で出会った、小暮也映子(波瑠)、北河幸恵(松下由樹)、加瀬理人(中川大志)の3人の恋と友情の物語を描く。

滝沢が演じているのは、理人の兄である侑人の妻・芙美役。明るく天然な役どころなのだが、実はなかなかのしっかり者らしい。11月26日に放送された第7話では、芙美が侑人の抱える秘密をとっくに知っていることが明かされた。「どうしたらいいのかなぁ?」とあくまで朗らかな口調で首をひねる芙美に対して、姑(しゅうとめ)の敏美(長野里美)は「今まで何も言わずニコニコしていた芙美ちゃんは偉い」と声をかけていたが、それは視聴者も同じ気持ちだろう。

Twitter上では、「まさか滝沢カレンちゃんの演技でジワ~っとくるとは」「滝沢カレンが好きになっちゃったわもう!」「滝沢カレンがずうっと素晴らしい」と滝沢の演技を称賛する声が相次いでいる。"つかみどころがないようで、しっかり者"という芙美のキャラクターは、滝沢自身と共通するものがある。それだけに「滝沢カレンの使い方がうまい」「いろんな意味でベストなキャスティングだね」「主要キャストが正しい使われ方され過ぎててハマるよな!」と絶妙なキャスティングに改めて注目が集まっているようだ。

『G線上のあなたと私』最新話を無料放送中>>

(文/原田美紗@HEW