ここから本文です

おぎやはぎの小木博明が、森山良子の家に詐欺師から電話がかかってきたという衝撃エピソードを明かし、スタジオを驚かせる一幕があった。

サムネイル

『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』12月が一番危ない! あなたも巻き込まれるかもしれない! 最新特殊詐欺SP


12月が一番危険!? 最新特殊詐欺の手口を大公開「GYAO!」にて無料配信中>>

11月27日放送の『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』(テレビ東京系列)では、「最新特殊詐欺の手口と対策SP」と題して、さまざまな詐欺の手口を紹介した。街頭インタビューでは、電話や架空請求などで相手をだまし、金銭の振り込みを要求する"振り込め詐欺"の被害を受けたというエピソードが数多く飛び出した。

スタジオでは、おぎやはぎの小木博明も、詐欺の電話について明かした。小木によると、「森山良子さんの家に、詐欺師から電話がかかってきて、『直太朗』って言いだした」とのこと。「(詐欺師が)50万円くらい欲しいと言うから、"おかしいだろ"って話になって...。おまえ(森山直太朗)が、50万円ないわけないんだから! そこはちょっと向こう(詐欺師)の詰めが甘い。直太朗でいくんだったら、もっと...」と小木が言うと、相方の矢作兼が「5千万くらい言わないとね!」と続ける。これに小木は「(直太朗なら)5千万もあるよ!」と返し、笑いを誘っていた。

また番組では、詐欺・悪質商法ジャーナリストが「大阪の方は"オレオレ詐欺"に引っかかりづらい」と発言。出演者らが驚いたその理由とは?

12月が一番危険!? 最新特殊詐欺の手口を大公開「GYAO!」にて無料配信中>>

(文/東恩納三沙子@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ