ここから本文です

日本テレビ系ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(以下、『ニッポンノワール』)の第8話が12月1日に放送された。同局系『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(以下、『3年A組』)に出演した椎名桔平が、同じ役で出演し話題になっている。

サムネイル

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第8話 人体実験


宮城に声をかける郡司が"名シーンすぎる"...『ニッポンノワール』第8話>>

『ニッポンノワール』は、脚本家・武藤将吾ら『3年A組』のスタッフが集結して制作するオリジナルミステリードラマ。『3年A組』で起きた「魁皇高校立てこもり事件」の半年後を描いた物語となっている。記憶喪失の刑事・遊佐清春(賀来賢人)が、女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の殺害事件や、未解決の「十億円強奪事件」などさまざまな事件の裏にひそむ謎に迫る。

ドラマスタートから『3年A組』との繋(つな)がりが話題になっていた『ニッポンノワール』だが、第8話ではついに椎名桔平演じる郡司真人が登場。郡司は、人体実験の最初の被験者になっていた刑事・宮城遼一(細田善彦)と『3年A組』でバディのような関係だった。人格形成されたことを知り戸惑う宮城に、郡司は声をかける。

突然登場した椎名桔平にネット上では「郡司きたー!」「相変わらずかっこよすぎる!」「宮城に声かけるところ名シーンだわ」と大盛り上がり。椎名桔平や細田善彦の他にも、福原遥、神尾楓珠、堀田真由など、続々と『3年A組』勢が登場していることから、「菅田将暉マジであるぞ」「永野芽郁ちゃん待ってます!」「残り2話だとして、次が芽郁ちゃんでラストが菅田くんか?」など、ファンの妄想が膨らんでいる。

宮城に声をかける郡司が"名シーンすぎる"...『ニッポンノワール』第8話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ