ここから本文です

11月30日放送の『激レアさんを連れてきた。』に、2億円の宝くじが当せんした男性が登場した。しかも食費だけで5年で使い切ったというエピソードに、広瀬アリスらが驚愕(がく)する一幕があった。

サムネイル

2億円当たったらどうする?


弘中綾香アナウンサー、2億円の宝くじが当たった瞬間のリアクションを披露>>

この日スタジオには、今から15年前の25歳の時に、自身が食べ歩いた名店が載ったグルメ本を出版して一躍話題になった美食家のクルスさんが登場した。なぜ25歳の若さで高級店に出入りすることができたのか? そのお金の出どころが、宝くじで2億円当せんしたからだったと告白。しかも、それを誰にも言わずに5年間で使い切ったと明かした。

2億円を5年で使うには、1年間に4千万円、1日あたり11万円使うことになる。衝撃の事実に「本当に2億円当たったんですか!?」「5年で使えるの?」「20年間よく言わずにいれましたね」と、出演者のオードリー・若林正恭や、広瀬アリス、高橋克実らは驚きを隠せない。

「食べることが異常に好き」と話すクルスさんは、食事以外の出費は節約していたため、"フォアグラは食べるけど、ジリ貧"な生活を送っていたという。また、5年というハイペースで2億円分もの高級料理を食べ続けられた理由は、1度に10kg以上食べることができる"大食い体質"にあるとも明かしていた。

このエピソードに、ネット上では視聴者から「うらやましい(涙)」「宝くじが当せんした時の使い道を家族会議しなきゃ」「宝くじ当てて旅行したい」「仕事辞めてカフェ経営したい」「好きなエリアに家を建てたい」「豪華客船で世界一周だ!」など多くのコメントが寄せられ、盛り上がりを見せていた。

弘中綾香アナウンサー、2億円の宝くじが当たった瞬間のリアクションを披露>>

(文/東恩納三沙子@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ