ここから本文です

11月29日放送の『有吉ジャポン』に、斉藤和義、奥田民生、トータス松本、寺岡呼人、浜崎貴司、YO-KINGによる"超大物新人バンド"「カーリングシトーンズ」が出演した。デビュー前の斉藤和義や奥田民生のテレビ初登場となる貴重映像などが公開され、ファンから歓喜の声が上がっている。


サムネイル

『有吉ジャポン』に"超大物新人バンド"「カーリングシトーンズ」が出演


カーリングシトーンズのメンバーで、1番モテるのは?>>

寺岡呼人の呼びかけで超大物アーティストが集結し、話題となった「カーリングシトーンズ」。即完、超満員となったデビューライブでは、バンド名のカーリングにちなみ、"もぐもぐタイム"も披露していた。同番組でこの話題になると、浜崎貴司は「新人(バンド)なので曲があまりない」と"もぐもぐタイム"の理由を告白し、笑いを誘った。なんでも"もぐもぐタイム"は3回行い、ライブの時間稼ぎをしていたという。

番組では、そんなカーリングシトーンズのメンバーがいかにスゴイのかを、当時を知らない世代のために貴重映像とともに振り返った。1990年にデビューしたFLYING KIDS・浜崎貴司のテレビ初出演映像や、黒柳徹子が司会を務めた名物歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系列)に、奥田民生がボーカルを務めるUNICORNが初登場したシーン、さらにはファンが保管していたという超レアな斉藤和義のデビュー前の映像などが公開された。これらの懐かしい映像の数々に本人たちも大爆笑。寺岡呼人は「芸人の方が、昔の映像を見て恥ずかしがるじゃないですか?(あれが)よく分かった」と、苦笑いを浮かべ話していた。

公開された貴重映像の数々に、ネット上ではファンから「マジ神回!」「歴史が動いた瞬間」「好きすぎて涙が出る」「これ眠れない!」「もう一度見直して萌(も)えたい!」といった歓喜の声が上がっていた。

カーリングシトーンズのメンバーで、1番モテるのは?>>

(文/東恩納三沙子@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ