芸能界からなぜ消えた?鈴木蘭々、ブレイク当時の裏話激白

2019/12/ 6 16:12

12月5日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系列)に、鈴木蘭々がゲストで登場。ブレイク中に突如、芸能界から姿を消した理由や現在の仕事について語った。

サムネイル
『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』出演の鈴木蘭々


鈴木蘭々、ブレイク時いくらもらっていた?>>

同放送回の「人生が180度激変した人SP」のコーナーに登場した鈴木蘭々は、90年代、ショートカットに底抜けに明るいキャラで、バラエティ番組やCMに引っ張りだこだった。そんな絶頂期に、なぜ芸能界から姿を消したのか問われると、鈴木は「自分のやりたかったことは、全てできちゃった感じがあった。その頃23歳でしたけど、その時にぽっかり穴が空いてしまった」と答えた。次に何がやりたいのか、自分に何ができるのかを考えたくなり、絶頂期であったにもかかわらず、留学のためニューヨークに行ったという。

鈴木によると、ニューヨークでは語学をはじめ、歌やダンスを学び、ミュージカル作品にふれるなど、いろいろな体験をしたとのこと。当時を振り返り、「鈴木蘭々じゃない1人の人間として、優しくしてもらえるという経験がとても良かった」とも語っていた。また、番組MCの次長課長・河本準一に「(海外から)戻ってきて(芸能界に)居場所あるかなとか考えた?」という質問には、「あんまりそういうの気にしないタイプ」と即答。これに同じく番組MCのネプチューン・名倉潤も「気にしてたら(海外留学には)行かへんって」と同意していた。

帰国後は、舞台やドラマを中心に芸能活動を続けていたという鈴木。現在の仕事について話が及ぶと、「化粧品の会社をやっています」と明かした。社長として化粧品会社を経営しながら、同時に、舞台俳優や音楽活動など、芸能に関する仕事も続けているそうだ。

鈴木蘭々、ブレイク時いくらもらっていた?>>

(文/東恩納三沙子@HEW